ノートやメモ帳を定期的に買いたくなる3つの理由

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私には、幼い頃からのクセがあります。

それは、「定期的に新品のノートやメモ帳が欲しくなる」というクセです。

なんでしょう、文房具屋や百貨店、書店などに行くとどうしても文房具を見に行きたくなるのですが、定期的に「新しいノート欲しいな……」ってなるんです。

家にも前買ったノートの残りやメモ帳の残りがあるのですが、なぜか残りは使いたくなくて、新品を買いたくなる。

先日も、どうしても新品のノートやメモ帳が欲しくなり、DAISOでメモ帳を一つ買ってしまいました。

こうしたノートやメモ帳って、絶対最後まで使い切らないんですけど、どうしてノートやメモ帳を定期的に買いたくなるのか、自分なりに考えてみました。

スポンサードリンク

頭の中を整理したい

まず、ノートやメモ帳といった紙媒体が欲しくなる時って、なんだか頭の中の思考がモヤモヤしている時に多いです。

なんといいますか、ずっと同じ悩みについてぐるぐる考えている時といいますか。

そういう時って「一旦ノートに書き写そう!」って考えませんか?

私はなにか悩みがあって、それに対する「こうしたらいいかな」というようなアイデアがあると、それを紙に書き写しておきたくなります。

evernoteなどに記録しておいてもいいのですが、なぜか「紙がいい!」ってなるんですよね。

紙に「書く」という行為をすることで頭が整理されるのでしょうか。

とにかく、頭の中で同じ問いがグルグル回っている時に新しいノートやメモ帳が欲しくなります。

なにかの決意をした時

「これを成し遂げよう!」となにかを決意した時にも新しいノートやメモ帳が欲しくなる傾向にあります。

例えば「ライターで月収30万円稼ごう。決めた!」みたいになっている時、その決意や目標達成のための方法をノート一冊にまとめておきたくなります。

新品のノートの一番はじめのページに

「○月までの目標:ライターで月収30万円稼ぐ!」

とか書きます。そしてそれを眺めつつノートになにやら書いていく。引き寄せの法則的なやつですね。

これはある意味ノートの使い方としては良いかなぁと思っています。

自分なりにやってきたことの振り返りなどもできますし、もしその成し遂げた目標に関するノウハウをまとめた有料noteとかを作るつもりなら最高の参考資料になります。

なにかの情報をまとめたノートというのは良い使い道ですよね。

「メモを取る自分」に憧れを抱いている

あとはこれ! これも多い!

なんか、散歩とかをしていてふと思いついたことをその場でメモしちゃう自分への憧れみたいなものがあります。

でも実際は立ちながらメモするのって大変であまりやらなかったりする。

あとベンチで座りながら物を書く自分にも憧れちゃうけど、実際は膝の上だと書きにくくてしかたなかったりする。

先日DAISOで買ったメモ帳もちょっと小さすぎて膝の上で書くの無理そうなんですよね……。

メモ帳やノートを買う時は携帯性利便性の両方で買うものを決める必要がある気がします。

スポンサードリンク

あとがき

なぜか定期的に新品のノートやメモ帳が欲しくなるので書いてみました。

どうでしょうか、他にも理由があるのかな。

もし、「私はこういう時に新品のノートやメモ帳を書いたくなるぜ!」という方がいらっしゃいましたらコメント等お待ちしております!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。