イリボーを飲みすぎると便秘になる!?下痢型過敏性腸症候群の私が便秘になった話【IBS】

過敏性腸症候群

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

 

過敏性腸症候群の皆様こんにちは。

 

今日は、下痢型過敏性腸症候群(IBS)の私がイリボーを過剰摂取しすぎて便秘になった話をさせていただきます。

 

イリボーはとっても良い薬ですが、やはり用法用量は守った方が良いと思います。

 

関連記事

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

始まりは海外旅行

ことの始まりは初めての海外旅行でした。

 

初めての海外旅行に緊張しまくりの私は、イリボーを多数持参して家を出ました。

 

そして長時間のフライトに備え、飛行機に乗る前に一錠イリボーを飲みました。

 

そして約7時間のフライトを終え、着陸する前にも一錠飲みました。

 

以前、かかりつけの先生からは「イリボーは一錠で一日効くよ」と聞いたことがあったので、多分飲みすぎです。

 

ですが、夜中のフライトで着陸時は早朝だったので、発作が怖かったのです。

 

その後もイリボーのおかげで発作は起きることがなかったのですが、時差の関係もあり、通常の用量をオーバーした量を飲み続けてしまいました。

 

そして帰国当日。夜中に自宅に帰ってきた私は夕食を作る気力はなく、その一方で機内食にはほとんど手をつけなかったので猛烈にお腹が減っていました。

 

ですので途中のコンビニでカップラーメンを買い、家に帰って食べました。この消化に悪い食事も悪かったかもしれません。

 

便秘の症状が出る

そして帰国翌日の朝。

 

猛烈な腹痛と共に目が覚めました。私は下痢型過敏性腸症候群でもともとお腹が弱く、基本的に便は軟便です。生まれた時からずっとそうでした。

 

便秘になったことは一度もありません。ですからこの腹痛が便秘から来るものだとは思いつきませんでした。

 

腹の一部が猛烈に締め付けられるように痛みます。横になったり、しゃがんだり腸を変な形にするとより一層痛みます。

 

そして朝、通常の食事を摂ると今度は猛烈な吐き気が襲ってきました。便秘が吐き気をもよおすこともあることを知らなかったので

 

「海外で変なもの食べたかな?」

 

くらいに思っていました。

 

その後数日に渡り腹痛が続いて、便の量も通常よりも少なかったので病院に行きました。

 

診断結果は「便秘」

医師による触診、腹部エコーを経て下された診断は「腸内悪玉菌による便秘の疑いあり」

 

しっかりとした原因解明までは至らなかったのですが、大腸内に便が多く残っており、その圧迫感で吐き気も同時にもよおしている可能性があるということでした。

 

また、その原因は腸内環境が完全に悪玉菌に支配されている可能性があるため、とのことでした。

 

通常が下痢をしがちだという話をしたところ、イリボーの使用は一旦止め、腸内を殺菌する薬と善玉菌を植え付ける薬を同時に服用する治療法が取られることになりました。

 

下剤などは処方されませんでした。(下痢型過敏性腸症候群の私が下剤を飲むなんて! とちょっと期待していましたがそうはなりませんでした)

 

そして原因不明の便秘は食事の変化による悪玉菌の支配に加えて、イリボーを大量に飲んだことによる宿便の結果である可能性が高いということでした。

 

つまり、食事も慣れないものであることに加えて強制的に便を止めていた為、腸内で悪い菌が繁殖してしまったということなのでしょう。

 

投薬後の経過

病院で腸内殺菌と善玉菌の薬をもらって服用を続けてまだ二日目ですが、とりあえず昨日の夜あたりからガンガン便が出るようになって、吐き気はもよおさなくなりました。

 

ちなみに便はかなり固めの便、という感じです。自分でも驚く量が出ています。

 

そして二日目の朝もかなり出ています。

 

腹痛自体は普通にしているとほとんど感じず、お腹を指で強く押すと痛い、という感じです。また、横になったり腸を圧迫するような姿勢をとるとキューっと締め付けられるような痛みが発生することもあります。

 

これは、これから便が出て行くことで改善されると思います。

 

イリボーの飲みすぎには注意しましょう

イリボーはとても良い薬で、下痢型過敏性腸症候群の私は外出時に必ず飲むようにしています。

 

ですが、やはり飲みすぎると悪い働きもしてしまいます。

 

今回の私のケースのように便秘の原因になってしまう可能性もあります。

 

今回のケースは海外旅行でいつもとは違うタイプの食事をとり続けたこともまた原因の一つではあると考えています。

 

ですが、長時間のフライトに備えてイリボーをいつもの量より多く飲んでしまったのも、原因としては大きいでしょう。

 

皆様も、イリボーの飲みすぎには注意しましょう。

 

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました