【解説】ブログでもう稼げないと言われるのはなぜなのか?【まだ稼げるよ】

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

「ブログはもう稼げない」と聞いたけど、本当かな……。

今からブログを頑張ろうと思っていたのに……。

としょんぼりしている方に向けてこの記事を書いてみようと思います。

先日こんなツイートをしました。

このツイートには「ブログはもう稼げない」という点について私自身の経験から考える所感を書いてみましたが、その内容についてこの記事では補完していこうと思います。

私自身はもうかれこれ三年半ほどブログを書き続けていまして「ブログで稼ぐ」という点については人一倍知識があると自負しています。

この記事を読んでいただければ「ブログはまだまだ行けるな! 頑張ろう!」という気持ちになっていただけるかと思います。

やめたろー
ブログはまだ稼げるよ
スポンサードリンク

ブログはもう稼げないと言われる理由

それではまず「ブログはもう稼げない」と言われる理由について書いてみようと思います。

なぜ「ブログはもう稼げない」と言われるのでしょうか。

その理由は大きく二つあります。

競争の苛烈化

一つはブログという分野の競争が苛烈化したことです。

ブログやサイト運営というと個人の方が行うことが多かったですが現在は大手企業などもブログを運営するようになり、企業により雇われたライターにより大量の記事が生産されるようになりました。

だから、「記事を量産して検索順位をあげる」というような方法は取れなくなりました。

誰でも書けるような記事ではもう太刀打ちできないというわけですね。

検索方法の多様化

次に検索方法の多様化についてですが、いま「知りたいことを調べる」というと何を思い浮かべるでしょうか。

Googleで検索という人が多いと思いますが、SNSで検索をするという人もいると思います。

例えば、ご飯屋さんの情報なんかは実際の料理の写真が見られるインスタとかの方が参考になるかもしれません。

また、検索した結果、検索の上位にYouTubeなどの動画が出てきてそれを見るという人も多いかもしれません。

最近Googleで調べると上位に動画が表示されることが多くなりましたよね。

Googleが「動画をより目立たせる」という手法を取っているのは間違いないです。

あとは商品レビューなんかは確実に動画の方が見られやすいでしょう。

ブログがもう稼げないと言われる中で取るべき戦略

さてこんな感じで様々な要因から「ブログはもう稼げない」と言われるようになったわけですが、じゃあもうブログは稼げないのか?

私は全然そんなことは思っていません。

戦略の変換は必要かもしれませんが、ブログで稼ぐことはまだ全然可能ですよ。

では今からブログで稼ぐにはどうしたらいいのか。

戦略を書かせていただきますね。

自分にしか書けないことを書く

先ほど「競争の苛烈化」で書きましたが、いまや「誰にでも書ける記事」で戦うのは無謀です。

数も速度も大企業のサイトの方が上です。

あなたが一記事書く間に相手は五記事、十記事生産してきます。

だから「誰でも書ける記事」で戦うのは無謀というものです。

では何を書くべきかというと「自分にしか書けないこと」を書きましょう。

具体的には「自分が自力で解決したこと」について記事にしていくと良いです。

私の場合は「会社を辞めて一からライターとして稼いだ経験」「ブログを三年半続けてきて収益をあげた方法」なんかを記事にしています。

この記事も「ブログを続けてきてブログを取り巻く状況を見続けてきた経験」から記事を書いているわけです。

こうした記事を、検索されるキーワード(今回だったら”ブログ もう稼げない”とか)に乗せて書けばアクセスは稼げます。

自分にしか書けない記事は大企業には決して真似し得ない記事なので戦うフィールドがずれるのでこの分野では十分に今後も戦っていきます。

あなたが解決したこと、経験したことは唯一無二で替えが効かないですからね。

マネタイズ方法は多様化している

ブログで稼ぐというと、少し前は「Google Adsense」「アフィリエイト」(Amazonアソシエイト)しかないという感じでしたが、今はマネタイズの方法が多様化しています。

noteを使えば「記事そのもの」を有料で販売することができます。

ココナラやBASEなんかを使えば自分のスキルや商品をブログの読者に直接販売することもできる。

またブログで発信している分野に関するオンラインサロンを運営してマネタイズすることもできる。

Adsenseかアフィリエイトしかなかった時代では考えられないマネタイズ方法を取ることが可能になったことも「ブログはまだ稼げる」と思う要因の一つです。

ファンを作る

自分にしか書けない記事を書き発信していると、次第にあなたの発信する情報を求める”ファン”ができてきます。

ファンが出来ることで、上記のようなマネタイズ方法でマネタイズすることが可能になってきます。

たまにこういう稼ぎ方を書くと「信者ビジネスじゃないか!」みたいに怒る人がいますが私にはその意味がよく分かりません。

相手にとって良い情報を提供できるのであればそれを有料で販売することは全然悪いことじゃありませんし、情報を受け取る側としてもお金さえ払えば知りたい情報を知ることができるというのはメリットです。

むしろ「お金を払ったのだから」とより真剣に情報を吸収しようという意識が生まれたり良い面もあると思っています。

ファンを作って「何も中身がない情報」を有料で提供するという手法だったら確かに「信者ビジネス」かもしれませんが、発信者とそれを受け取る側がしっかり価値の交換をできているのであれば何一つ問題ない、と私は思っています。

SNSと動画は興味があればやる

というわけでブログはもう稼げないと言われる時代の戦略について書いておきましたが、SNSや動画も、もちろんやれるのであればどんどんやった方がいいと思っています。

実際私もインスタグラムを運営していたりYouTubeチャンネルを運営していたりします。

やりたいと思っているのであれば小難しく考えすとりあえず手を出してしまうのが私の長所なので色々やっています。

SNSで検索されることは今後も増えていくでしょうし、5Gなどの技術革新で動画はより存在感を増していくでしょう。

だからやれるならやった方がいい。

ただどうしても向いていないならテキストオンリーでも全然戦っていけるよ、ということを私は伝えたいです。

「ブログがもう稼げない」はある意味本当だし、ある意味嘘

というわけでまとめてみます。

先述したようにブログを取り巻く現状は刻々と変化しています。

ブログの競争はひと昔に比べれば激化していると考えていいと思います。

だからこそ「もう稼げない」というのはある意味では本当です。

しかしだからといって「もう絶対ブログでは稼げない」というわけではない。それは嘘です。

戦略の取り方によってはまだ十分にブログで稼いでいける。戦える。

だから今からブログを頑張ってみようと思っている方は、一緒に頑張りましょうね。

私もブログは好きだし面白いのでまだまだ頑張っていくつもりです。

関連記事:【実績公開あり】ブログで月収10万円稼ぐ方法【7ヶ月本気で頑張ったら稼げました】

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。