【ブログ運営】ブログをとにかく書き続ける5つのコツ

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は約2年5ヵ月の間、ほぼ休まずブログを書き続けています

記事数は先ほど確認したところ、約750記事になっていました。

一つ一つの記事が3,000文字くらいあるようなガッチリとした記事ではないのですが、1,000文字前後の記事をゆるゆると書き続けています。

PV数と収益も、ありがたいことに今のところジワジワと右肩上がりを続けているような段階で、これからもブログを書き続けようかなと思っています。

さて、今回は「とにかくブログを書き続けたい」という方のために、どうしたらブログを書き続けられるのかというコツのようなものを書いてみようと思います。

この書き方でPV数と収益が上がり続けるということではなく、「とにかく」書き続けられる方法になっていますので、その点だけご留意ください!

スポンサードリンク

書く時間を決める!

ブログを書き続けるコツの中でも、最大のコツが「書く時間を決める」というものです。

ブログって、仕事でもなんでもないので、他の「やらなければいけないこと」に引っ張られて中々書く時間が確保できなくなりがちです。

人間には、仕事以外にもやるべきことは無数にあるので、ブログなんて一番後回しになりがちです。書かなくても誰も怒らないですし。

ですからまずはブログを書く時間を強制的に決めてしまうことが大事です。

一日の中で、この時間だけは確保できるという時間を探して、その時間を「ブログを書く時間!」と決めてしまいましょう。

私の場合は、本来起きるべき時間+一時間分だけ早起きして、いつもブログを書いています。

一時間あれば、記事のネタだしから本文執筆、公開作業までを十分こなすことができます。

朝は一番コントロールしやすい時間なのでおすすめです。会社員時代からずっと朝に書いています。

ネタをストックする

毎日毎日ブログを書いていると、ネタはすぐなくなってしまいがちです。

そんな時のためにも、evernoteなどにネタ帳を作ってネタをストックしておくのは、ブログを書き続けることにおいて非常に有効な戦略です。

私も常に40〜50以上のネタがストックされていますが、大体その日の朝に書くことは決まるので、ネタはたまる一方です。

どうしてもネタが出ない朝だけ、ネタ帳から書きたいネタを引っ張ってくるような感じです。

ブログに書くネタは、インターネット上にも日常生活の中にも常に転がっています。

ゲームや漫画にはまっているのならそのことについて書けばいいし、なにか便利なアプリを見つけたらそれについて書けばいいし、なにかのサービスに不満を覚えたら、その改善策についても書いてもいいです。

ネタは探そうと思えばいくらでも見つけられるはずです。

定型記事を作る

次におすすめなのが、「定型記事」を作ってしまうことです。

このブログで言えば、例えば「運営報告記事」「小説創作裏話」「検索されている変なワード」などが定型記事ですね。

関連リンク:ブログ開始二年四ヶ月のPV&収益まとめ

関連リンク:【創作裏話】「愛の空箱」はどのようにして生まれたのか

関連リンク:【ブログ運営】このブログで検索されている意味のわからないキーワード2017年6月ver.

このように、ある程度、型ができた記事があると、どうしてもブログを書く時間が少ない時に便利です。

型ができているので、それに沿って書いていけばいいので、いつもの半分くらいの時間で記事が書けますのでおすすめです。

スポンサードリンク

どんな記事でもアップする

これも非常に大事なのですが、とりあえずどんな記事でもアップするぐらいの気持ちで記事を書いた方がいいと思います。

ブログには「リライト」というテクニックがありまして、一度書いた記事をまた書き直して更新することができます。

ですから、まだ調査が足りなくて書けないなぁと思っているようなことでも、とりあえず今わかっているところだけバババッ! っと書いてしまってあとで補強するというやり方をとることもできます。

500文字くらいのスカスカな記事でも一旦アップしてしまって、そこからどんどん書き足していくという方法も有効です。

あとは「こんな記事、アップしてもなぁ」という記事でも、公開してみると意外と反応が得られたりするのでおすすめです。

とりあえずアップしちゃいましょう!

他人のブログと比較することをやめる

最後にこれです。

今、ブログを書いている人たちは本当にたくさんいます。

その中でクオリティの高い記事を書いてメキメキとPVや収益を伸ばしている人もたくさんいます。

そういう人たちと自分のブログを比較すると、自分のブログがつまらないものに見えて、ブログを書く気が起きなくなってしまう恐れがあります。

ですから、自分の中でブログを書き続ける習慣や自信がつくまでは、他人のブログと比較するのはやめた方がいいと思います。

ただ、うまくいっているブログを分析して真似したりするのは大いに有効なので、そういう観点で他人のブログを読むのはもちろんOKです!

まとめ

曲がりなりにも年単位でブログを書き続けてきたので、その手法についてまとめてみました。

ブログは書き続けてさえいればいいってものではないですが、継続が力になることもまた事実だと思っています。

とりあえずブログを書き続けること。それを目指したい方のために、ブログを書き続ける方法についてまとめてみました。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。