電子書籍を嫌いな私が電子書籍を買うのは本棚がだらしないから

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

本棚ってありますよね。

あの、本だけをしまっておいて良い、素敵な家具、本棚。

その本棚について、最近切に思っている事があります。

本棚、だらしねぇな!?

スポンサードリンク

すぐいっぱいになっちゃうよぉ

私は結構本を買って読みます。
といっても月に5、6冊とかそんなものですが。

そして、本を買って、読み終わると本棚にしまいます。

しかし、本棚は大変無能なので、すぐギチギチになります。

「もう入らないよぉ///」

みたいになります。
しかしそこを無理矢理押し込むわけです。

「横向きはらめぇ!」

みたいになるわけです。

そして、いよいよ横向きにも入らなくなる。本棚、倒壊の危機です。

「壊れちゃうよぉ///」

みたいになるわけです。

そうなると仕方ないので、本を売りに行くわけです。

売りたくねぇ

でも、本って売りたくないですよね。

よっぽど鼻くそみたいな本だったら即売却、もとい廃棄でもいいくらいですが、良かった本、思い入れがある本などはずっととっておきたい。

この「ずっととっておきたい本」というのが厄介。

日々本を読むわけですから、「ずっととっておきたい本」は確実に増えていくわけです。
極まれに一回「ずっととっておきたい本」になって、「もういいかなーコレ」となるものもないわけではないですが。

また読むかもしれないだろ!

本を捨てられない人の常套句に

「また読むかもしれないだろ!」

というものがあります。

そしてそういう事を言うと大体「はいはい。そんな事言って読まないでしょ」とか言われるのですが、私は恐ろしいくらいにまた読む。

牛?www っていうくらい一冊の本を反芻する。
(反芻とは、同じご飯を何回も胃から出したりしまったりして消化する牛の消化方法です)

最初に読むときに付箋をベタベタ貼っていき、二回目以降はその付箋部分だけ読む。

本当に良かった本って、結局何回も読みますよね。

だから、本を捨てられない。よって貯まっていく。本棚は無限じゃない。
どうすりゃいいんだよ!?

えっ Kindle Paperwhite!?

電子書籍にすりゃいいんだ

紙の本で読んだ後、電子書籍を買えばいいんだ。

先日書いた通り、私は電子書籍より紙の本の方が好きなので、まずは紙の本を買う。

そして、何回もその本を反芻して楽しんだら、10回くらいを目安に、思いきって捨てる。
そして代わりに電子書籍を買う。

そこまで反芻した本は、絶対また読みたくなる。

でも、本棚は無限じゃない。

だから、ここは涙を飲んで電子書籍を買う。

本という物体があるのが一番いいのだけれど、電子書籍を買う。

そして改めてはじめから読んで、気になった所にラインをつけていく。

すごい悔しいけど、それが最適解という気がします。

【会社辞め太郎の殿堂入り書籍紹介】

まとめ

本棚は無能なので、しまえる本の量に限界があります。

しまえない本は捨てるか売るかしかない。

しかし、良かった本は何回も繰り返して読むもの。

だったら、そういう「殿堂入り」した本は、電子書籍で買い直す。

くそぉ、書店も儲かり、amazonも儲かり、ブックオ○フも儲かる。

けどまぁしょうがないですね。そんな感じで、経済を回しましょう。

おすすめ記事

今より成長したい会社員が読むべきおすすめビジネス本8選!
会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 「今のままでいいのかな」 「もっと成長したい」 会社に勤めながら、そ...
スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。