ビジネス本や自己啓発本に共通して書かれている5つのこと

本の感想

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

 

私は社会人として働き始めた頃から今日まで、けっこうたくさんのを読んできました。

 

比較的昔から本を読むことが好きで、会社で働く以外にスキルを身につけるには、本が一番だろうと判断したのでできるだけたくさん読むようにしていました。

 

ビジネス本自己啓発本をたくさん読んできたわけなのですが、いくつかそうした本を読んでいると、共通して書かれていることが目につくようになってきます。

 

「あれ? この内容、前にも読んだな……」

 

といった具合に。

 

ということで、今回は「ビジネス本や自己啓発本に共通して書かれていること」を5つまとめてみようと思います。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

今すぐやれ

これはもうどの本にも書かれていると言っても過言ではないほど書かれていますね。

 

とにかく「行動しろ」と。

 

本をよく読むような人は、知識欲旺盛な人が多いと思うのですが、その反面、行動力に欠けている傾向にあります。

 

ですから、「本を読んで知識を得たら、すぐそれを実践しろよ!」ということが書かれているのです。

 

本をよく読む人は、行動に移す前に緻密に計画を立てたりするタイプが多いように思われますが、そうせずに、まずはやってから修正していけばいいというようなことがよく書かれています。

 

やれば1だけど、やらなければ0だと。

 

本を、ただの栄養剤のように使うのではなく、きちんと行動に移して自分の血肉になるように、ということが様々な本に書かれています。

 

最近だと「多動力」なんかも行動することについて書かれた本ですよね。今日までちょっと安くなっているみたいです。

 

一つのことに絞れ

こちらは「エッセンシャル思考」を筆頭に様々な本に書かれていますね。

 

とかく人間は、様々な情報や選択肢を前にして、迷い、本来のポテンシャルが発揮できないということがよくあります。

 

ですから、まずは一番大事なこと以外は全部捨てて、一つに絞って行動せよ、ということです。

 

一つに絞って行動をすることで、一点突破できる、というようなことが書かれています。

 

確かに、なんか勉強するときとか仕事をするときとかって、机の上になんか色々あったりすると集中できずにあまり捗らなかったりしますよね。

 

図書館とかカフェで仕事が捗るのも、この「一つに絞る」ということが自然にできるからかもしれません。

 

もっと大きな括りで言うと、「クラウドソーシングで月20万円稼ぐ!」とか考えたのであれば、もうそれだけをやるべきで、それ以外のことに気持ちを割いていては達成まで時間がかかる、というような大きな目標を達成するときにも重要な考え方ですよね。

 

エッセンシャル思考」を学ぶには漫画版がおすすめです。

 

 

 

やるべきことを書き出す

これも、思考を研ぎ澄ますライフハック的には「エッセンシャル思考」に似たところがありますね。

 

なんだか頭がごちゃごちゃして何事も手につかないという時には、まずやるべきことを全部書き出すということ。

 

すると、今まで頭の中のメモリーを占めていた「やるべきこと」が紙やテキストファイルなどの外部記録装置に出力されて、頭の中が軽くなる

 

すると必然的にあらゆる物事に対して効率よく行動ができるようになるという考え方です。

 

やるべきことを書き出したら「優先度順に並べろ!」みたいなこともよく言われますよね。そして一番から順に消して行く、と。

 

そうするといつの間にかやるべきことが消化されて次の段階に進める、というようなことがよく書かれています。

 

願望を紙に書け

これは「思考は現実化する」系の本によく書かれていますが、私自身これはとても効果的だと思っています。

 

関連記事:「目標を紙に書くと実現する効果がある」のが本当である2つの理由

 

なんと言いますか、紙に願望を書くことで、いつ何時でもその願望を意識し、それを実現するために今なにをするべきなのかという思考になれるんですよね。

 

これは多分脳の構造的に正しいことなんだろうなと思います。

 

先日昔のスマホを見る機会があったのですが、その待ち受けに実現したい願望みたいのがズラーーーっと書いてあって「やばい奴やん」って思ったのですが、驚くことにその願望はだいたい実現できていました。

 

・自然を感じられる生活がしたい

・自由に映画や本を楽しむ生活が欲しい

 

とかなんとか書いてあって、フリーランスになって、時間にあまり縛られなくなってからはそれらを実現できているような気がします。

 

自然とか、否応無く感じますしね。会社員の頃は、朝暗いうちに家を出て、地下鉄に乗って、夜暗くなる頃に帰ってきていたので、自然を感じる暇はありませんでした。

 

「願望を紙に書く」系統の本で一番おすすめは「非常識な成功法則」ですね。

 

この本には、社会人になりたてくらいの頃に出会ったのですが、早い段階で出会えてよかったと思っています。

 

漫画版もおすすめ

睡眠をとれ

これもありますね。

 

人間、寝ないと100%のポテンシャルを発揮できなくなります。

 

ですから、とにかくちゃんと寝ろ、と。

 

私は今なんとか6時間以上は寝ることにしているのですが、できれば7時間は寝たいんですよね。

 

多分適正睡眠時間は8時間以上だと思います。

 

人によって適正睡眠時間は違うんですよね。ショートスリーパーの人とかいるし。

 

朝起きた瞬間に「あぁ! これは気持ちの良い朝! 何事もうまくいきそう!」という朝、あるじゃないですか。

 

あの朝を毎日迎えられたら、すごい良いんだろうなー。

 

睡眠本といえば定番は「スタンフォード式 最高の睡眠」ですね。この本はすごく売れているのですが、読みやすいところが良いと思います。

 

まとめ

ビジネス本とか自己啓発本ってだいたい同じようなことが書かれているので、まとめてみました。

 

この中でも一番書かれているのはやはり「今やれ」ですね。

 

実際に行動をするのかしないのか、それが将来大きな違いになってくるらしいです。

 

やりたいと思ったことは瞬時にやれる時間の余裕は残しておきたいですね。

 

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



本の感想
会社やめたろーをフォローする
スポンサードリンク
会社やめたろー公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました