【転職体験談】転職活動が辛い、疲れたと思った時に思い出して欲しいあなたの「覚悟」

転職活動

どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。

 

転職活動というのは、結構骨が折れます。

 

就職活動は大学生という身分で時間を自由に調節しながら取り組めたかもしれませんが、転職活動というとそうもいきません。

 

昼間は本業があるので、転職サイトをめぐったり履歴書を書く作業は夜になる。

 

面接が決まったら、その為にどう本業を休むか、などの気苦労があります。

 

また、「転職活動しているのに別の本業をしている私」というストレスもあるかもしれません。

 

そんななかなかしんどい就職活動を始める前に、ある1つの覚悟をしておくと良いと思います。

 

私はそれをしていなかったので、大変苦しむ事になりました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この先起こる事は全部自分が選択した事

転職活動をしていると、上記のような面倒くさい事が色々と出てきます。

 

そこで大切なのは

 

今、こうしているのは自分が決めた事である

 

と考える覚悟をしておくことです。

 

これをしておかないと、夜、履歴書を書いている時に

 

「あーなんでこんな面倒くさい事しなくちゃいけないんだよ! やめちゃおっかな!」

 

とか思います。

 

で、最後の方で書き損じて全部やり直しになって夜中1時頃、「URYYYYYYYYY!!」と奇声を発したり。

 

でも、今自分がそうやって苦しんでいるのは、「自分がそうすると決めたから」に他なりませんよね。

あなたは、誰から頼まれた訳でもないのに、転職活動を始めた。
ともかく、「今を変えよう」と思った。それは立派な事です。

 

間違えてはいけないのは、転職活動は他の誰から強制されているわけではない。

 

ここで「自分で決めたから頑張ろう」と思える人はきっとどんな転職先に行ってもその状況に誇りを持って、前に進んでいけます。

 

逆に

「あぁ~こんな事始めるんじゃなかったなぁ~。そもそもなんでこんな事しなくちゃいけないんだよ。会社が悪いな。仕事が悪いな。周りがせかすから周りが悪いな」

とか思っている人は次にどんな職場に行ってもお察しです。常に他人事ですから。

 

「こんなはずじゃなかった」わけがない

転職に成功して新しい職場で働き始めた人の多くが
「こんなはずじゃなかった」
と思うそうです。旧職の人事部長が言っていました。

 

でも、「こんなはずじゃなかった」わけないですよね。
自分で選んだんだから、そうなった。

 

そもそも、その会社の全てを入社する前に把握する事なんかできるわけない。

「思っていたのと違った」のなんて当たり前ですね。

 

だから、転職をすると決めて、その会社に転職をしたのなら

 

「自分で決めて、自分で選んだ会社だ! この状況は全て自分の責任だから、全て受け止めよう」

 

と考えて、新しい仕事に臨むべきだと思います。

 

「あの転職エージェントがこんなところ紹介しやがったから」
「友人に紹介してもらったけど、ろくな所じゃねぇ」

 

とか考えている人はその場所から一歩も前進しない。

 

まとめ

ポエムっぽい記事になってしまいましたが、「常に他人事」では転職活動は乗り切れません。それほどまでに辛い……というよりは面倒くさい。

 

逆に「これから先は自分で決める!」という覚悟を持って臨むとやる気が沸いて来ると思います。

 

もしあなたが今転職活動をされているのならば、今一度
「なぜ自分は転職活動をするのか」
を考え、「この先起こる事は全て自分の責任である」という覚悟を持つと良いと思います。

その方が楽です!

 

ともあれ、転職活動お疲れさまです。
しっかり食べてしっかり休みつつ、頑張ってください!

 

終わります。

おすすめ記事


社会に出るとめっちゃ辛いけど、めっちゃ嬉しい事もある
どうも、会社辞め太郎(@kaishayametarou)です。 社会に出ると、本当に色々な事を痛感しますよね。 中でも私が一番驚いた事は こんなに働かないといけないの? こんな...

https://kaishayameruzo.com/archives/543

スポンサードリンク
関連コンテンツ



転職活動
会社やめたろーをフォローする
スポンサードリンク
会社やめたろー公式ブログ

コメント

  1. 匿名 より:

    ありがとう。
    励まされました。

  2. 会社辞め太郎 より:

    こちらこそ、ありがとうございました!
    ブログを書いているとコメントがなによりも嬉しいです。
    頑張ってください。

タイトルとURLをコピーしました