【いつまで?】iPhoneSEのバッテリー交換を安いうちにやってみたので手順を書いておくよ

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

iPhoneSEのバッテリー交換が、今年末(2018年末)まで安くできるそうなので、実際にやってきました!

手順や予約方法などちょっと分かりづらい点も多かったので詳しく記録に残しておきます!

スポンサードリンク

iPhoneSEのバッテリー交換が安いのはいつまで?

まずはじめに、iPhoneSEのバッテリー交換が安くできるのはいつまでかを書いておきます。

iPhoneSEのバッテリー交換を安くできるのは【2018年末】までです!

画像引用元:iPhone の修理 – バッテリーと電源

Apple Careなどの保証サービスに入っていると【無料】それ以外の場合は【3,200円(税別)】ですね。(SEの場合です。機種によって違うのでご注意を)

私は保証等は使ってなかったので3,200円(税別)でバッテリー交換をしてきました!

iPhoneSEのバッテリー交換の手順をざっくり説明

ではまず交換の手順をざっくり説明させていただきます。

手順はこんな感じです!

・Appleサポートに料金の確認(省いてもOK)
・店舗に電話して在庫の確認と予約をする
・バックアップを取る&「iPhoneを探す」を無効にする
・店舗に行く

一つずつ詳しく書いてみます!

Appleサポートに料金の確認(省いてもOK)

iPhone SEのバッテリーを交換するにあたり、

・値段がいくらかかるのか

・どれくらい作業に時間がかかるのか

・どこで交換してもらえるのか

これらについて聞きたかったのでAppleサポートのチャットで質問をしました。

関連リンク:Appleサポート

青森はどこに正規プロバイダ(修理店舗)があるのか分からなかったので聞いてみたんですよね。

分からないことは丁寧に教えてもらえるのでまずサポートに問い合わせてみるのもありです!

自分が保証範囲内なのかもすぐわかりますからね。

スポンサードリンク

店舗に電話して在庫の確認と予約をする

次に、修理に持っていきたいAppleの正規プロバイダに電話をしましょう。

近くの正規プロバイダがどこにあるかは、Googleマップで「Apple 正規プロバイダ」と検索すると出てきますよ。

近くの店舗がわかったら、まず電話をします。

なぜ電話をするかというと、バッテリーの在庫があるかどうか確認する為です!

ここがバッテリー交換の最大の注意ポイントなのですが、Appleサポートのページなどで来店予約をしても在庫がない場合があります。

最悪の場合、来店予約をして店に行ったにも関わらず「バッテリーの在庫がありません」と追い返されてしまう可能性もあります。

私の場合、一番近い店舗が車で二時間以上かかる場所にしかなかったので、それだけはなんとしても避けたかったのでまずは電話しました。

すると、今現在のバッテリーの在庫を教えてくれました。

しかしここも注意点なのですが、Appleの正規プロバイダはバッテリーの取り置きをしてくれません!

この辺り不親切だなーとは思うのですが、まぁ仕方ありませんね。

なのでまずは店舗に電話して「いま在庫はありますか?」と聞いてから、ないようであれば取り寄せをお願いして、バッテリーが用意できるタイミングで店舗への来店予約をして店舗に行きましょう。

在庫があるようであれば、行ける日に来店予約をして「前日までに在庫がなくなるようであれば電話連絡をお願いしていいですか?」とお願いしてみましょう。

私の場合、一回行くのに往復で4時間以上かかる旨を伝えたところ「もし前日になくなるようであれば連絡します」と言っていただけました。

Appleの正規プロバイダの方は親切な方が多いので多分それくらいのことはやってくれるはずです。

ちなみにAppleの正規プロバイダは予約なしで行くと何時間も待つはめになることも多いようなので来店予約は必ずしていきましょう。

店舗に直接電話する以外にも、Appleサポートからも来店予約が可能です。ただ、先ほども書いた通り「来店予約=バッテリー在庫の取り置き」ではないことに注意が必要です。

店に行く前にやっておくべきこと

バッテリー在庫の確認が済んで、来店予約も済ませたら、iPhoneを修理に出す準備をしましょう。

修理の前にやっておくべきことは以下の二つです。

・バックアップを取る
・「iPhoneを探す」をオフにする

この二つについて、サポートの方にリンクを教えていただいたので転記しますね。

「iPhone を探す」のアクティベーションロックを無効にする
iPhone、iPad、iPod touch をバックアップする方法
iPhone、iPad、iPod touch を修理に出す準備をする

作業時間は1時間くらい

iPhone SEのバッテリー交換にかかる時間は一台につき約一時間でした!

来店した後、係りの人が「バッテリー診断」をしてくれて、その後修理へという流れになります。

住所氏名などの基本的な情報も書きましたね。

あ、あと!

iPhoneを渡す前に「画面ロックの番号を教えてください」と言われるので、気になる人はいつも使っている番号ではなく、事前に「000000」とかに変更しておきましょう

そしてiPhoneのバッテリー交換が終わった後、元の番号に戻す方が安心ですね。

スポンサードリンク

iPhone SEのバッテリー交換はお早めに

iPhone SEのバッテリー交換を安くできるのは2018年12月31日までなので、もしバッテリーが気になっている方は早めに交換手続きをしましょう!

年度末になるとバッテリー在庫もなくなりがちになりそうですしね。

そんな感じでした!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。