【確定申告】noteの売上におけるシステム手数料の明細を確認する方法

確定申告

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

 

私は有料noteを販売しているので、その売上や振込等を確定申告時に計上しないといけないんですよね。

 

そこで問題になってくるのは、noteの売上明細の見にくさです。

 

必死でデータを整形して計上しましたが、すごく面倒くさい。

 

さらにもう一点。

 

有料noteを販売した売上に対して振込依頼をすると「システム手数料」としてnote側で費用を引いたあとの金額が振り込まれます。

 

それはもちろんいいのですが、問題はこの「システム手数料」の明細が分からないこと。

 

「ダッシュボード」という売上明細等が載っているところを見ても、この「システム手数料」がどれくらいなのか分からないんですよね。

 

そこで、運営サポート等に連絡をして「システム手数料」の明細を見る方法を教えてもらいました。

 

急いでいる方の為に結論だけ先に書いておきますと、有料noteの一件一件の販売に対するシステム手数料の明細は「見れません」

 

運営サポートに連絡してもデータの開示をしてもらえませんでした。

 

やめたろー
それっていいのか……?

 

と思いましたが、ないのならば仕方がない。

 

とりあえず暫定的にですが、有料noteの売上データと振込履歴からシステム手数料を導き出し、確定申告で計上しましたのでその方法を書いておきます。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

noteのダッシュボードにはシステム手数料の明細がない!

noteで有料noteを販売すると「決済手数料」と「プラットフォーム利用料」というシステム手数料がかかります。

 

「プラットフォーム利用料」は有料noteの値段から「決済手数料」を引いた額の10%です。

 

では「決済手数料」はいくらなのかというと、有料noteを買ってくださったユーザーの方が使っている決済方法によって異なります。

 

noteは、売上金額から決済手数料を引いた額の10%を、プラットフォーム利用料として申し受けます。

定期購読マガジンの場合は20%です。

決済手数料は、クレジットカード決済では売上金額の5%、携帯キャリア決済では売上金額の15%です。

さらに支払い時には振込手数料として260円を差し引いた金額をお振込いたします。

 

引用元:noteサポート「クリエイターがコンテンツを販売する際に引かれる手数料を教えてください」

 

クレカ決済なのか携帯キャリア決済なのかで変わってくるというわけですね。

 

じゃあその決済手数料が1つ1つの売り上げに対していくらなのか。

 

そこが分からないとnoteの売り上げを正確に確定申告で仕訳することができませんよね。

 

でもそのデータってどこからも確認できないんです。

 

noteのカスタマーサポートにメールで連絡して「明細ください」って依頼してみたのですが回答は「購入ごとの決済手数料とプラットフォーム料につきましては、ご案内していない旨、ご理解いただけると幸いです」というものでした。

 

 

それでいいのか!?

 

 

と思ったのですが、ご案内してもらえないのなら仕方がない。

 

とりあえず暫定的にnoteのシステム手数料(決済手数料とプラットフォーム手数料)を導き出して確定申告した手順をご案内しますね。

 

noteの売り上げデータをまとめる方法

まず最初に、noteの売り上げデータをまとめる方法です。

 

noteにログインして「ダッシュボード」の「購入者一覧」に移動しましょう。

 

そして「期間」で表示したい月を選びます。

 

確定申告作業なので確定申告したい年の「1月」〜「12月」までを一月ずつ表示し、結果をエクセルにまとめていきます。

 

それで、ここも問題なのですが、この「購入者一覧」というデータ、エクセルにコピペするとすごく集計しにくいデータになるんですよね……。

 

ただもうここは頑張って整形していただくしかありません。

 

ほんとこれ、どうにかしてほしいのですが、とりあえずはどうにもなりません。

 

もう頑張ってやるしかないです。細かいやり方を書けなくてすみません。。。

 

noteから振込があった時の仕訳方法

次に、noteから振込があった時の仕訳方法です。

 

「ダッシュボード」の「売上管理」から「処理済みの売上」をエクセルにコピペし、「売上」のセルを合計しましょう。

 

その「売上」の合計金額から、「ダッシュボード」の「振込履歴」に記載された「振込額」と一律でかかる支払手数料「260円」を引いた金額が、その振込で振り込まれた売上に対する「システム手数料」になります。

 

なので、仕訳の際は上記の計算をしてから「売掛金」→「普通預金」「支払手数料(260円)」「システム手数料」という感じで仕訳をしましょう。

 

まとめ:決済手数料が分からないのって、いいのか!?

今回、noteのカスタマーサポートに連絡した結果分かったのは「システム手数料(決済手数料)はユーザー側に開示されていない」ということです。

 

いや、それっていいのか……?って正直思いましたが、まぁないものは仕方がないですよね。

 

改善を望みつつ、とりあえず「ダッシュボード」の「購入者一覧」「処理済みの売上」「振込額」から仕訳して確定申告するしかなさそうです。

 

noteはとても素敵なサービスだと思っているので、この点だけ改善されることを望みます……!!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



確定申告
会社やめたろーをフォローする
スポンサードリンク
会社やめたろー公式ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました