家にいたいので仕事は在宅でもできる仕事を選びました

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

家が好きです。

もうすごい好きです。

可能ならずっと家にいたい。

今日は在宅で仕事をするメリット在宅で仕事をするための方法について書いてみます。

スポンサードリンク

メリット:通勤がいらない

まずはこれ。

在宅で仕事ができるようになると、当たり前ですが通勤の必要がなくなります。

「さて、仕事しよっかな!」と思った20秒後くらいには仕事を始められます。

満員電車に乗って会社に行くと、会社に行くだけで疲れてしまうので、これは大きなメリットだと思います。

メリット:好きな格好で仕事ができる

在宅で仕事ができるようになると、いちいち着替える必要がなくなります。

その気になればパジャマでそのまま一日過ごせるようになります。

気分をお仕事モードにするためにあえて着替える時も多いですが、やろうと思えばパジャマのまま仕事ができるのは大きなメリットだと思います。

メリット:休憩を自由にとれる

在宅で仕事をしていると周りには誰もいませんので、いつでも休憩をとることができます。

だからこそサボりやすくなってしまうというのはある意味デメリットはありますが、そこは自分で自分をコントロールすればいいだけです。

私は仕事がはかどらなくなってくるとよく仮眠するのですが、いつでも仮眠ができるのも在宅仕事のメリットですね。

スポンサードリンク

メリット:風邪をひきにくくなる

在宅の仕事をしていると、ほぼ一日中家にいるので、風邪をひきにくくなります。

風邪は、たくさん人が集まる場所だったり空気が悪い場所に行くとひくことが多いですが、家にいるとそのリスクはありません。

私はだいたい季節の変わり目に風邪をひく方でしたが、在宅で仕事を始めてからは一回も風邪をひいていません。

家にいるとそもそも風邪菌にあまりふれる機会がないので、当たり前といえば当たり前かもしれません。

メリット:好きな時に仕事ができる

これをメリットに感じるかどうかは人それぞれかもしれませんが、在宅で仕事をしているといつでも仕事ができます。

ちょっと追い込みたい時はその気になれば深夜までぶっ通しで仕事をすることができますし、休日に仕事をすることもできます。

また、ちょっと変則的ですが在宅でパソコンを使いながら仕事ができている場合、実家に帰ったときなどや旅行にいっているときでも仕事をすることができます。

家にいられるメリットとは少しずれますが、これも在宅で仕事をできるようにしておくメリットの一つだと思います。

在宅で仕事ができるようになるには

ここまで在宅仕事のよさについて書いてきましたが、では在宅で仕事ができるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

やはりおすすめは、まずはクラウドソーシングで稼いでみることだと思います。

私が実際にそうしてきたので自信を持って言えますが、クラウドソーシングで十分な収入を得ることは可能です。

「特別なスキルがないから無理だお……」とか思われる方もいるかもしれませんが、ライティングの仕事ならすぐにでも始められますし、やり続ければ必ず上達して稼げるようになります。

ライターの仕事ができるクラウドソーシングサイトをまとめました。

まずはこちらでまとめたクラウドソーシングサイトのどれかに登録をして、仕事をしてみてください。

やはりおすすめは ランサーズ  クラウドワークス です。この二つのサイトは他のクラウドソーシングサイトと比較しても単価の高さや案件の多さがずば抜けています。

最初は思うように稼げないかもしれませんが、一日5,000円稼げるようになれば、多分在宅仕事だけでも死なないで生きていけるようになります。

というか一日5,000円をコンスタントに稼げるようになれば、月収20万とか30万とか、生活に必要な金額を稼ぐのはそう難しくないと思います。

在宅仕事に興味がある方は、ぜひ試してみてくださいね。

関連記事

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。