エッセンシャル思考とは?まとめ、要約してみた

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

みなさんは「エッセンシャル思考」というものをご存知ですか?

エッセンシャル思考とは、かいつまんで言えば「99%を捨てて1%に集中する」という思考法のことです。

情報過多で、やるべきことに溢れている現代社会では、一つのことに集中する能力がより求められています。

よく、「一つのことにハマってやりきれば成功できる!」みたいな文言も見かけますよね。

そんな時に有効なのが「エッセンシャル思考」です。

今回は、「エッセンシャル思考」に関する本を読んで学んだことについて、まとめ、要約をしてみようと思います!

参考図書

スポンサードリンク

99%を捨て、1%に集中する

まず、エッセンシャル思考において最も大切になる考え方が「99%を捨て、1%に集中する」という考え方です。

無駄なことは捨て、一つのことに集中する技術と言い換えても良いでしょう。

例えば、本を読み始めたのに、他の雑事が気にかかって中々読み進められなかったなんていう経験はありませんか?

あるいは、仕事でやりたいことがあるのに、たくさんの仕事を抱えすぎて、本当に大切なこと、本当にやりたいことができなかったなんていう経験はないでしょうか。

そういう時に、本当に大切なことにだけ集中する技術、それが「エッセンシャル思考」の考え方なのです。

特に、ある程度優秀な方だと、仕事ってついつい集まりがちですし、仕事でやりたいことや試したいことがたくさんあって、結局どこにどうエネルギーを割けば良いのか分からなくなっちゃう、なんて状況に陥りがちです。

そうならないためにも、「なにが大切か」「なにを捨てるべきか」を学べるのが「エッセンシャル思考」なのです。

90点ルールを採用する

99%を捨てて1%に集中するために一番大切なのは「なにをするか決める」ことです。

例えば、なにか仕事を振られた時にそれを引き受けるかどうか。あるいは、なにかチャンスが訪れた時にそれにトライするかどうか。

それをきちんと見極めることが重要です。

自分の中では、「まぁやってもいいかな」くらいの、75点の物事について手をつけてしまい、結局本当やりたいことができなくなってしまう、なんていうことが現代社会では起こりがちなのです。

なにかをやろうと決めるとき、あるいはなにかを辞めようと決めるときは、自分がそのことをやりたいかどうかを考え、それが「90点以上」であるかどうかで見極めるのです。

90点以上というのはかなり厳しい数値に見えますが、要はそれくらいやることを絞った方が良いということです。

それよりも低い数値のことを選んでしまうと、結局一番やりたかったことがおろそかになりがちなので気をつけましょう。

今、この瞬間を生きる

99%を捨てて、1%に集中するために、90点ルールでやるべきことを決めました。

しかし、やることを決めたはずなのになんだか集中できない。そんなことってありがちですよね。

せっかく本を読むと決めたのに読めなかったり、一番やりたいと思っていたことができなかったり。

なぜそういうことが起こるのかというと、人間は「未来」や「過去」について悩む癖があるからです。

本質的には、「今」しか生きていないにも関わらず、過去の失敗や未来の不安などについて考えてしまい、「今」のパフォーマンスが落ちてしまう。

ではそうならないためにはどうすればいいのかというと、以下のような方法が良いです。

・目を閉じて「今、なにが重要か」を確認する

・「やるべきこと」と「不安なこと」を紙に書き出す

・「やるべきこと」に優先順位をつける

この3ステップを踏めば、今、この瞬間自分がなにをすればいいのかが明確になります。

そうすることで自分のパフォーマンスを100%発揮できるのです。

是非、実践してみてください。

エッセンシャル思考」には、この他にも「大切なものを見極める技術」「捨てる技術」「本質的な目標を立てる方法」などと言った重要な考え方がたくさん書かれています。

はじめてエッセンシャル思考について学んでみたいとお考えの方は、読みやすく要点がまとまったマンガ版がおすすめです。

私もなんだか頭がごちゃごちゃした時にはいつもマンガ版を読み返しています。

より深く知りたいという方は原作の方も読んでみると良いと思います!

スポンサードリンク

まとめ

私はついついなんでもやろうと思ってしまって結局そのことに注力できなくなってしまいがちなんですよね。

そんな時にはエッセンシャル思考が役立ちます。

99%を捨てて1%に集中する。単純な考え方ですが、やるべきことが溢れている現代社会においてはすごく大切な考え方なのではないでしょうか。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。