「転職はいつまでに始めればいいのか」という悩みには明確な答えがあります

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

「転職っていつまでに始めればいいんだろう
「いつの間にか間に合わなくなってたらどうしよう

この記事を読んでいただいているあなたは、そんな焦りを持たれているのではないでしょうか。

その気持ち、めちゃくちゃ分かります

私も、20歳後半で初めての転職をする前は「転職をするのなら、いつまでに始めればいいのかな?」などと疑問を持ち、なんとなく「30歳までかな」とか考えていました。

しかし、今考えると「転職はいつまでにすればいいのか」という問いには、実は明確な答えがあります。

先に結論を書いておきますと、今「いつまでに転職ってした方がいいんだろう」と悩んでいる方に言いたいことは、

・転職をいつまでにした方いいか悩んでいる時点で行動した方がいい

・今すぐ転職活動を始めるのではなく、転職活動をする”前”にするべきことがある

ということです。

以下、理由を書いていきます。

スポンサードリンク

その会社に十年後もいたいですか?

転職について悩んでいるあなたにぜひ考えていただきたいのは、「十年後もその会社にいたいかどうか」です。

これは、一度真剣に考えてみていただければと思います。

十年後も、あなたは今の会社で働いていたいですか?

イエスとすぐに答えられた方は転職活動をする必要がありません。その会社でもっと上にいくにはどうすればいいか、もっと大きなことをするためにはどうしたらいいのかを考えていっていただければと思います。

しかしもし、十年後も今の会社にいたいかどうか正直分からなかったり、もっと明確に「十年後にはいたくないな」という答えになった方は今すぐ行動を起こすべきです。

考えてもみてください。

今働いている会社で十年後どうなっていたいかというビジョンが描けないのであれば、もうその会社にいる意味はないと思いませんか。

未来を描けない場所にい続けるのは、リスクでしかありません。

「でも、転職には転職のリスクがあるから」と考える方もいるかもしれませんが、それは違います。

転職にリスクなどない。リスクは「行動しないこと」

「転職をしたいけど、転職にはリスクがあるから……」となかなか動き出せない方がいらっしゃいますが、その状況こそがリスクを取っていると言えます。

だって、今の会社で十年後も働きたいと思っていないのに、そこで嫌々働き続けるなんて時間の無駄だと思いませんか?

転職が怖いという気持ちは正直よく分かります。私も最初に転職した時は「今よりもっと状況が悪くなったらどうしよう」「良い会社が見つからなかったらどうしよう」なんて怯えていました。

しかし、すでに「辞めたい」と考えている会社にいるわけですから、それ以上状況が悪くなることなんてありえません。

それに、もし転職した先がよくない会社だったら、もう一度転職をすればいいだけの話です。

転職にリスクなんてないんです。

一番問題なのは、十年後の未来も描けないような会社にい続けること、沈むのがわかっている泥舟に乗り続けることなのです。

企業によっては採用条件に「28歳まで」などと年齢制限をかけているケースもあるので、もしそういった企業へ転職したいと考えるのであれば、早く行動しないと間に合わなくなる可能性もあるのです。

転職は企業によっては年齢制限が存在するので、行動しないことがリスクになり得るのです。

失敗談:転職を意識するのが遅すぎた私

ここで、少し私自身のお話をさせていただければと思います。

私は、28歳の頃に「そろそろ転職活動をしないとヤバいかな……」と考え始めました。

その時在籍した会社で十年後の未来を描けずに、転職するなら30歳までにしないとヤバいぞ! と焦り始めたのです。

しかし実際に転職活動を始めてみると、採用条件が「25歳まで」となっていたり、それこそ「28歳まで」とギリギリの条件になっていた企業もありました。

つまり、年齢制限に苦しめられたのです。

私は実際に転職するより前に「転職した方がいいかな」と考えていたので、その時にさっさと行動していれば年齢制限を気にせず転職活動が出来たかもしれません

当時の私になにか言えるとしたら「転職が気になる時点で、早く行動した方がいいぞ」と言いたいです。

ただ、28歳の時に転生活動を始めたので、上記のように「ギリギリ年齢制限にかからない」という企業もあったので、本当にギリギリのスタートだったなぁと思います。

スポンサードリンク

「転職はいつまでにすればいいのか」に対する明確な答え

さて、ここで冒頭の「転職はいつまでにすればいいのか」という問いに戻ってみようと思うのですが、いつまでに転職をすればいいのかと考えている時点で、今すぐ行動を起こした方がいいということになります

だって、今の仕事に100%満足している人は「いつまでに転職すればいいんだろ……」なんて考えませんから。

ですから、「いつまでに転職をした方がいいか」という悩んでいるあなたは、今すぐにでも行動を起こすべきです。

……そこで、”転職活動を始めた方がいい”と聞くと「転職サイトや転職エージェントに登録しろということか……。めんどくさいなぁ」と考える方がいるのですが、全然違うんですよ。

転職サイトやエージェントに登録するよりも、もっと前にやるべきことがあるんです。

自分の価値を知る

転職を意識したあなたがまずはじめにするべきなのは、転職サイトに登録することでも、転職エージェントを探すことでもありません。

まずあなたがするべきなのは「自分の価値を把握すること」です!

自分の価値を知る、とは「自分に見合った報酬はいくらか」を把握することです。

今、あなたが転職市場でどれくらいの価値があるのか。それを知ることで「転職をするとしたらどういう会社か」を転職活動を始める前に事前に絞り込むことができます。

また、転職エージェントや企業の採用担当から「報酬はどれくらいを希望するか」と聞かれることもあるので、その目安を知るためにも自分に見合った報酬はいくらかを把握しておく必要があります。

では「自分に見合った報酬」をどう調べるかというと、自分がどれくらいの報酬をもらうことができるのかを転職市場に照らし合わせて知ることができるサービスがあります。

それはMIIDAS(ミイダス)というサービスです。

MIIDASでは、自分の経歴や持っているスキルから、あなたがどれくらいの報酬をもらうにふさわしい人材なのかを無料で診断することができます。

MIIDAS(ミイダス)は無料で使えるので、まずはこちらを使って自分の転職市場における価値はどれくらいなのかを把握しましょう。

私も実際にやってみました。

関連記事:「MIIDAS」で想定年収を調べてみたら私の年収は○○○万円でした。

MIIDAS

自分の適性を見極める

「自分の価値」を把握したら、次にあなたがするべきなのは、自分の適性を見極めることです。

転職をするためには、自分がどんな人間でどんな仕事をしたいと思っているのか。どんな仕事に適性があるのかを見極める必要があります。

それが分かっていないと転職先を探すことはできませんし、もしその状態で転職をしてもミスマッチを起こし「なんか違う……」と再び悩むことになります。

ですから、自分の適性を見極める作業は、転職活動の“前”にするべきなのです。

自分は一体どういう人間で、どういう仕事につけば毎日充実した日々を過ごせるのか。

転職活動を始める前に、まずは自分の適性を明らかにしましょう。

自分の適性を知る方法に「ストレングスファインダー」というテストがあります。

このテストは、様々な設問に答えることで自分の強み特性を見つけることができるテストで、ストレングスファインダーを受けることで自分が進むべき方向、選ぶべき職業がクリアになります。

実際、私もこのストレングスファインダーを受けて自分の長所や強みを把握してから転職先を見つけるための活動をし始めました。

関連記事:「ストレングスファインダー」とは? やり方を説明します!

関連記事:無料で受けられるストレングスファインダー!? 「グッドポイント診断」について

ストレングスファインダーは「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という書籍を購入し、その本についてるシリアルコードを受けとることで受けることができます。

一点だけ注意なのですが、すでに使われているシリアルコードは使えないので、中古ではなく必ず新品を買ってください

また、ストレングスファインダーは一回30〜40分くらいかかるテストなので、テストを受ける前は必ず一時間くらい邪魔が入らない時間を確保するようにしましょう。

詳しいやり方は下記の記事を参考にしてください。

関連記事:「ストレングスファインダー」とは? やり方を説明します!

スポンサードリンク

「いつまでに転職すればいいのか」と迷っているなら今すぐ行動を!

いつまでに転職をすればいいのか迷っているあなたは、とにかく今すぐ行動を起こしましょう。

行動と言っても、転職活動をするのではなく、その“前”にやっておくべきことから始めるのが良いでしょう。

転職活動”前”にするべき行動をまとめると、

・自分の価値、見合う報酬金額を知る
・自分の強みや特性を知る

の2つになります。

転職は、何歳までにすればいいのかという明確な規定はありません。

しかし、「転職した方がいいかな」と考えたその時からできるアクションがあります。

まずは気になるところから、はじめてみてはいかがでしょうか。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。