クラウドソーシングで専業になることは可能か?←半年頑張れば行けるかも

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

今、クラウドソーシングを使って副業をする人が増えて来ています。

クラウドソーシングはすぐに仕事を受注できてすぐお金を稼げるので副業には持ってこいですよね!

ではクラウドソーシングを使った仕事で専業になることは可能なのでしょうか?

結論から言えば「可能」です。

何を隠そう、私自身がクラウドソーシングでライターの仕事をはじめ、専業ライターとして半年後には十分な収入を得ることに成功しました。

ではどのような考えで、クラウドソーシングを副業ではなく専業としての仕事まで繋げていったのか。

解説していこうと思います。

スポンサードリンク

まずはひたすらクラウドソーシングの仕組みに慣れた

クラウドソーシングでの仕事を専業にするためにまずなにをしたかというと、とりあえず単発の仕事を受けまくりました。

クラウドソーシングで仕事をすることに慣れようと思ったんですよね。

クラウドソーシングの「ランサーズ」に登録し、一般公募されている仕事の中で、できそうなものにチャレンジしまくりました。

「引っ越しの体験談を1,000文字で教えてください」

という単発の記事を書いたり

「新しく会社を作るので、社名を考えてください!」

みたいなコンペに参加してみたり。

まずはクラウドソーシングで仕事をするということに慣れようと作業をしまくりました。

ただこれはあくまでクラウドソーシングに慣れるためであって、これだけでは稼げるようにはなりませんでした。

一ヶ月全力でやって6万円くらいだったかな?

ということで次の月からは戦略は変えてみました。

プロフィールと実績を作り込む

単発のタスクや短めのプロジェクトに参加していると、ごくたまにクライアントからクラウドソーシング内のメッセージにて「直接依頼」をもらうことが増えました。

それらの直接依頼案件は一般公募されているものよりも単価が良いものだったので、喜んで受注していました。

そして直接依頼の方が割のいい仕事が多いなーと気が付いた私は、クライアントに直接依頼をしていただけるように、「プロフィール」を作り込みました。

具体的には、

・どのような記事が書けるのか
・どのような経験があるのか(社歴など)
・顔写真を載せて信用してもらう

というようなことをしました。

このようにプロフィールをきちんと作り込んでおくと、クライアントがライターの検索で私を見つけてくれて、直接依頼をしてくれることが増えました。

それに伴い、クラウドソーシングで稼げる量もどんどん増えていったのです。

戦略を立てることが大事

こんな感じで色々と試行錯誤をした結果、半年後にはクラウドソーシングのみで月に20万円を稼げるようになっていました。

クラウドソーシングは単価が低いことが知られているので、最初から「専業は無理」「稼げない」と決めつけている方も多いです。

しかし戦略的に攻略すれば、クラウドソーシングを専業でやって、月の生計を立てることは十分可能なのです。

ちょっと触ってみて「単価低いから私には無理だな……」と諦めてしまうのはもったいないです。クラウドソーシングの中にも単価が良い仕事はたくさんありますよ。

私がクラウドソーシングでライターとして生計を立てるまでに試した方法は以下のnoteにまとめました。

関連リンク:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

こちらを読んでいただいて、然るべき努力をしていただければ、半年から一年後にはきっとクラウドソーシングで生計を立てられるようになっているはずです。

クラウドソーシングで仕事ができるようになれば、日本中、ひいては世界中どこにいても仕事ができるようになります。

ですから、ぜひ挑戦してみていただきたいと思います!

スポンサードリンク

まとめ

クラウドソーシングで専業になることは十分可能です。

クラウドソーシングの中にも単価が良い案件というのは存在するので、ぜひ積極的にチャレンジしてみていただければと思います。

ライターをやってみたい方は以下のnoteをぜひ。

関連リンク:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。