クラウドソーシングサイトの選び方。案件数と評価制度で選ぼう!

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

ひと昔前は「クラウドソーシング」という名前すら珍しかったのですが、最近ではクラウドソーシングサイトがたくさん立ち上がっています。

そんなにたくさんあると「クラウドソーシングサイトってたくさんあってよく分かんない! 誰か選び方教えてー!」という叫びが聞こえて来そうですね。

そこでクラウドソーシングのみで生計を立て続けていた男、私会社やめたろーがクラウドソーシングサイトの選び方について解説させていただきます。

スポンサードリンク

クラウドソーシングサイトを選ぶ時は案件数で選ぶ!

まず第一にクラウドソーシングサイトを選ぶ時はクラウドソーシング上で公募されている「案件数」で決めるべきです。

理由は単純で、案件数が多ければそれだけ仕事を選べるからです。

案件数が多いということはそのクラウドソーシングサイトに参加している企業や個人などの発注者が多いということなのでそれだけ仕事を選べるようになりますし、単価の高い仕事も見つかりやすくなります。

クラウドソーシングサイトを選ぶ際は「案件数」で決めるべきなのは間違いありません。

案件数で考えるのであれば、「ランサーズ」か「クラウドワークス」がやはりおすすめですね。クラウドソーシングサイトの中ではダントツの案件数を誇っています。

評価制度はどうなっているか?

クラウドソーシングサイトを選ぶ時のもう一つ大切な指標は「評価制度」です。

クラウドソーシングには評価制度があり、クラウドソーシングサイト内で評価が上がれば上がるほど単価の良い案件を受注できるようになります。

「ランサーズ」にはある一定の基準を満たすと「ランサーズの認定ランサー」になれる評価制度があり、認定ランサーになると「しっかりしている人」という評価をもらえて直接依頼も受けやすくなります。

そのほか、「クラウドワークス」でも星で評価する制度もあるので、良い仕事をすればするほど実績は貯まっていくと考えて良いでしょう。

逆に言えば評価制度が充実していないクラウドソーシングサイトでは、高い単価の案件を獲得することが難しくなってくるということになります。

ですからクラウドソーシングサイトを選ぶのであれば評価制度がどうなっているかをしっかりと把握しておく必要があります。

おすすめはこの2社

で、結局どこがおすすめなのかというと、やはり「ランサーズ」と「クラウドワークス」ですね。

私はランサーズしかまともに使ったことはありませんが、ランサーズ一本でも十分生計を立てることができましたよ。

ただクラウドワークスにしかない案件とかもあるので、クラウドワークスも念のため登録しておいても良いかもしれません。


ランサーズに登録する

クラウドワークスに登録する

クラウドソーシングで生計を立てる方法については以下のnoteにまとめましたので参考にしてみてください。

関連記事:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

スポンサードリンク

まとめ

クラウドソーシングサイトを選ぶ時には「案件数」と「評価制度」に注目して選ぶようにしましょう。

おすすめは「ランサーズ」と「クラウドワークス」ですね。

この二つはクラウドソーシングサイトの中でも2強と呼ばれている有名なサイトですが、それはつまりそれだけ仕事の数も多く、稼ぎやすいということです。

クラウドソーシングを使って生計を立てようと思っている方はこの二つのサイトに登録しておけば間違いはないでしょう。


ランサーズに登録する

クラウドワークスに登録する

関連記事:【ライター向け】クラウドソーシングサイト比較・おすすめのサイト

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。