「クラウドソーシングライターの単価は安い」というのは勘違いです

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

突然ですが、私はクラウドソーシングがなければ今こうして自宅で仕事をすることができていないと思います。

クラウドソーシングを使ってライターを始めた私にとってクラウドソーシングは神のごときwebサービスでした。

副業でライターを始めたい人はクラウドソーシングを使ってすぐにライターを始められる。良い時代です。

しかし「クラウドソーシング ライター 単価」とかで調べると必ず出てくるのが

「クラウドソーシングライターの単価は安い!」

という情報です。

今回はその勘違いを払拭するべく、クラウドソーシングのみでライターとして月20〜30万円稼いでいた私が記事を書いてみようと思います。

クラウドソーシングのライター案件は安い単価のものばかりではありませんよ。

スポンサードリンク

クラウドソーシングの単価は安いのか?

クラウドソーシングにアクセスしてライターの案件を調べると、確かに「1文字0.1円」「1件100円」なんていう単価の安い案件がたくさん上がっています。

クラウドソーシングをほとんど使ったことがない人は、この検索結果を見ただけで、

「ゲェーーー!!! こんなに単価安いの? これじゃ仕事になんないよ……」

と驚いてしまい、クラウドソーシングで仕事をすることを諦めてしまうかもしれません。

しかしちょっと待ってください。

確かにクラウドソーシングで一般公募されている案件の中には安い単価のものがたくさん存在します。

しかし、探せば1文字1円くらいの案件であればゴロゴロ出てきますし、ジャンルによっては1文字10円という高単価の案件もあったりします。

クラウドソーシングで高単価案件を獲得するには

まずそもそも、クラウドソーシングで高い単価の仕事を得るにはどうしたらいいのかということを分かっていない人も多いと思います。

案件をひたすら検索する。それも一つの方法です。私も一日かけて案件をひたすらチェックしていたことがあります。

しかしそれはあまりおすすめできる方法ではありません。

面倒くさいですし、なにより労力がかかります。

ではクラウドソーシングで高単価案件を得るにはどうしたらいいのか。

それは「直接依頼」をもらうことです。

直接依頼とは、クラウドソーシング上で企業などのクライアントがクラウドソーシングに登録しているライターに直接仕事を依頼することを指します。

つまり、クライアントが「誰かこれやって〜〜」と公募するのではなく、「この人にやってもらいたいな」とライターを“検索”して直接依頼をするわけです。

直接依頼をもらうには

ここまでの話をまとめると、クラウドソーシングで高単価案件を得る一番の近道は「直接依頼」をもらうことだということになります。

ではどうすれば直接依頼をもらえるのか。

みなさんだったら、どうやってクラウドソーシング上で良さそうなライターを探しますか?

私だったら、書いて欲しい「ジャンルのキーワード」で検索して「実績がしっかりとしている」ライターさんに頼むと思います。

つまり自身のプロフィールなどで書けるジャンルやそれにまつわるキーワードをしっかりとアピールしておくことが大事だということです。

そしてクライアントは当然ライターの実績も重視しますので、例え安い案件であってもしっかりと実績を積み上げておくことが大事です。

ライターを始めたての頃は「これは実績の積み重ね、いわゆる下積みなんだ」という意識でガンガン安い案件をこなしていくというのは有効な戦略だと思います。

クライアント側からライターを検索する際には実績数で足切りをすることなどもできるので、実績は多ければ多いほどいいでしょう。

スポンサードリンク

クラウドソーシングの単価が安いなら直接仕事を取ってしまえばいい

ここまでの話から少し逸れますが、クラウドソーシングライターの単価が安すぎる! と嘆くのであれば、クラウドソーシングを介さず自分で仕事を取ってしまえばいいです。

クラウドソーシングの利点は営業をせずとも案件を獲得できて取引に第三者が介入することでトラブルを回避できる点ですが、その分手数料を取られるという難点もあります。

ですから、自分で獲得できるのであれば仕事は自分で取ってしまえばいいのです。

まずはクラウドソーシングでライターの案件をコツコツこなし、少しずつ直接依頼で稼げる金額が大きくなってきて、最終的にはクラウドソーシングを卒業する。

それが私の考えるライターとして稼げるようになる最短の方法です。

下記noteにもライターで稼ぐためのヒントをたくさん盛り込んでありますので、ライターとして本気で稼ぎたい方は読んでみていただければと思います。

関連記事:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

まとめ:クラウドソーシングライターの単価が安いというの勘違いですよ

クラウドソーシングについて語られる時、必ず言われるのが「単価が安い」ということです。

しかし、きちんと実績を積めばしっかり稼げるようになるので、ぜひ諦めずにトライしてみていただければと思います。

クラウドソーシングで稼げるようになればもはや世界中どこにいても生きていけますよ。

そういう自信は人生をもっと輝かせてくれるような、そんな気がしています。

あなたも頑張ってみませんか?

やめたろーでした。

関連記事:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。