ランサーズの「ベーシックワーク制度」とはなにか?ライターの方は要チェックですよ!

(画像引用元:https://www.lancers.jp/)

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

ランサーズが面白いことを始めましたね!

ランサーズが月額10万円の仕事を保証してくれる「ベーシックワーク制度」というものを始めたようです!

さすが俺たちのランサーズだぜ……。

「ベーシックワーク制度」とはなんなのか? 上記記事やランサーズ公式アナウンスからの情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

「ベーシックワーク制度」とはなんなのか?

それではそもそも「ベーシックワーク制度」とはなんなのかについて調べてみたいと思います。

こちらはランサーズの創業者で代表取締役の秋好陽介さんのツイートです。

ベーシックワーク制度とはざっくり言うと、「月額3万円〜10万円の仕事が保証される制度」です。

普通フリーランスって自分で仕事を取ってきてその分の仕事をこなすので、月の稼ぎは流動的になります。

極端に言えば月に20万円稼げる月もあれば月に5万円しか稼げないこともあります。

しかしこちらの制度を使えば、ランサーズが案件や仕事を確保してくれて、月に一定の金額は確実に稼げるということになります。

まだクラウドソーシングを始めて間も無くあまり稼げていないよという方にとってはとても魅力的な制度と言えるのではないでしょうか。

そもそもフリーランスって仕事が保障されることなんてありませんから、この制度のように「月に確実にこれだけもらえる」という保障があることは収入の安定につながって良いですよね!

月額保証金額は「3万円」「5万円」「10万円」という三段階があるようです。

最初はライター職のみ

こちらの「ベーシックワーク制度」ですが、最初はライター職のみの試験運用となるようですね。他の職種への展開は段階的に行われるということです。

クラウドソーシングで仕事をされているライターさんはとても多いので、まずは人口の多いライターから試験運用を開始するということですね。

今回の試験運用がうまく行けば他職種にも展開され、たくさんのフリーランスにとって嬉しい制度となると思います。

「仕事保証付Webライター塾」を受講する必要あり

今回の「ベーシックワーク制度」ですが、まずは10人を対象にして試験運用という形で開始されるようです。

参加希望者は「仕事保証付Webライター塾」というウェブメディアの編集長などが講師を勤めるプログラムに参加する必要があります。

それにあたり、説明会が開催されるようなので、興味のある方はぜひ!

関連リンク:【仕事保証制度付】短期Webライター塾、第一期生募集の説明会

スポンサードリンク

クラウドソーシングで稼げない人へ

今はクラウドソーシングで仕事を始めることが普通になってきました。

そういった流れの中でランサーズの「ベーシックワーク制度」のようなフリーランスを助ける制度が生まれることはとても良いことだと思っています。

ただ一方で、フリーランスの人口が増えることでフリーランス同士の競争が激化しているのも事実です。

フリーランスとしてクラウドソーシングでしっかりと稼げるようになるには戦略を練って行動をしていく必要があります。

私はフリーランスのライターとしてクラウドソーシングで仕事を始め、その五ヶ月後には生計を立てられる金額を稼ぐことができました。

一度生計を立てられるようになると、それからは安定的に生活する上で十分な金額を稼げるようになりました。

私がクラウドソーシングで稼げるようになるまでに試した方法、思考などについて以下のnoteにまとめましたので、クラウドソーシングで稼げないという方はぜひ参考にしてみていただければと思います。

関連記事:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

クラウドソーシングはしっかりと戦略的に仕事をしていけばしっかりと稼げるようになります!

クラウドソーシングを使ったお仕事に興味がある方はぜひチェックしてみていただければと思います。

会社やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。