仕事で人と会うのが苦痛な人は在宅で仕事ができるようにしちゃえばいい

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私は二年ほど前に会社を辞めて在宅ライターとしてフリーランス生活を始めたのですが、私が会社を辞めたかった理由の一つに「人に振り回されたくないから」というのがあったんですよね。

仮にそこまで仕事が忙しくなくても、社内の人からなんだかよく分からない雑事を頼まれて忙しくなってしまったりするのがすごく面倒だったんですよね。

なんというか、会社で他の人と仕事をしなければいけないゆえに、自分のやりたいことが全然できなくなってしまうといいますか。

ですから、いくら仕事がやりやすい部署にいても出社して人と会わなくてはいけない以上、会社という場所は私にとっては苦痛な場所だったんですよね。

だから私は在宅で一人でできる仕事についてこだわり続けています。

会社で他の人と会って仕事をしなくてはいけない環境より今の方が数段幸せです。

スポンサードリンク

フリーランスになれば人に振り回されない

フリーランスになって一人で仕事をしていると、自分の思い通りに計画通りに仕事を進めることができてそれが嬉しいんです。

「これやりたい!」と思ったらすぐに始められますしね。

一人で仕事をしていてもオンラインで他の方とやり取りをすることがありますが、それはいいんですよ。

なぜならオンラインでのやりとりは受け取る側がいつ受け取るか選べるから

メールが来ていたとして、それをチェックして返信するのは自分のタイミングでやればいいですよね。

チャットワークなどもそうです。「今チャットワーク見れるなー」っていう時に見ればいい。

そういう選択ができるのがいいですよね。

Skype会議などは時間が取られて嫌なので基本的にお断りしています。「メールしてくれ」って言っています。

そんな、見方によっては「自分勝手」な仕事の進め方ができるのも、在宅仕事のメリットだと思っています。

そんな在宅仕事ですが、今や誰でもできる時代になっていると思います。

在宅で稼ぐ方法はいくらでもあるよ

「在宅で稼ぐなんて無理でしょ」って思われる方もいるかもしれませんが、今や在宅で稼いでいる人なんてゴロゴロいますよね。

インターネットやクラウドソーシングなど、家にいながらにして稼げる方法が整備されている現代に生きている私は間違いなくラッキーだと思います。

20年前だとこうはいかなかったでしょうから。

在宅で稼ぐ方法で私が思いつく&おすすめなのはやはり「在宅ライター」と「ブログ」ですね。

実際私はその二つを使ってもう何年も生計を立てています。

住む場所も自由に選べるようになったので、ちょうど一年くらい前に東京から青森県十和田市に移住しました。

地方は人が少なくて快適です。

「ブログ」は稼げるようになるまで時間がかかるので、ライターをしながらブログも育てていくのが一番いいと思います。

ライターは日本語の文章さえかければ誰でもなれるので、在宅で稼ぐ最短かつ多くの人におすすめできる方法です。

まずはクラウドソーシングを使って月収10万円を稼ぐことから始めてみると良いのかなーと思います。

在宅ライターで稼ぐ方法については以下のnoteに全てまとめておきました。

関連リンク:経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えます

私がまったくの未経験の状態からライターとして稼げるようになるまでにやってきた方法を全部書いていますので、このnoteを読んでいただき然るべき努力をすれば在宅で一歩も家から出ずに生計を立てられるようになりますよ。

同時にブログを育てられる方には以下のnoteもご紹介しておきます。

ブログは稼げるようになるまで少し時間がかかるので、まずは月に1万円稼げるようになるのを目指すのが良いと思います。

関連リンク:ブログで月に一万円稼ぐためにやってきたこと全まとめ

私は約二年半ほどブログを運営してきて、先月ようやく月に10万円稼ぐことができました。

ブログの良いところはある程度放っておいてこちらがなにもしなくても収益をあげ続けてくれることです。

そういう意味ではライターを始めて最終的にはブロガーに転身するのがいいかなと思っています。

まとめ:仕事で人と会うのが苦痛な人は在宅仕事に切り替えよう

私は仕事で他の人と会わなくてはいけないのがすごく苦痛でした。

人と一緒に仕事をする以上、どうしてもイレギュラーな対応って出てくるじゃないですか。あれが嫌だったんです。

私は「これがやりたい」と思っているのに、他の人のつまらない雑事で時間を取られたり。

それが我慢ならなかったんですよね。

そんな私は在宅で一人家で稼ぐようになってから人生の幸福度が50%くらいアップしました。

もう今の生活を手放すつもりはありません。

仕事で人と会うのが苦痛な方は、ぜひ在宅で稼ぐ道を模索してみてはいかがでしょうか。

応援しています!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。