居心地が良い会社だけど辞めたいというあなたへ

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

居心地の良い会社なのに会社を辞めたい」というお悩みをお持ちの方、こんにちは。

一見すると「居心地が良いのに会社を辞めたいなんて、なんて贅沢な!」と言われてしまいそうなその悩み、とてもよく分かります。

なぜかというと、私も新卒で入った会社がとても居心地が良く、その会社を辞めるかどうかすごく悩んだからです。

でも、ですね。

居心地が良いのに会社を辞めたいと今あなたが思っているということはなにか理由があるということなんです。

居心地が良いからといってその会社に居続けることであなたは大きなリスクを背負っている可能性があります。

居心地の良い会社なのに辞めた私がどんなことを考えて、結果どうなったのか。あなたはどうするべきなのか? はっきり書きますね。

スポンサードリンク

なぜ居心地が良い会社なのに辞めたいのか?

そもそもあなたはなぜ会社を辞めたいのでしょうか?

居心地が良い会社って実際そうはないですよ。私は転職をして複数の会社で働いたことがありますが、「居心地が良い」というのは実は珍しいことです。ラッキーなんです。

しかし、それでも、やっぱり辞めたい。

あなたがそう思うのであれば、そこになにか理由があるはずです。

居心地が良いけど”給料が安いから”辞めたいのか。

居心地が良いけど”業績が悪いから”辞めたいのか。

居心地が良いけど”仕事内容に不満があるから”辞めたいのか。

色々理由はありますよね。まずはそれをはっきりと明らかにして対策を練る必要があります。

参考になると思いますので、私が居心地の良い会社を実際に辞めた時にどう考えて辞めたのかを書かせていただきますね。

私が居心地の良い会社を辞めた時の話

私は就職活動を経て、ある会社に入社しました。

その会社は人が良い人が多く、仕事内容によってはきつい仕事もありましたが居心地の良い会社でした。

上司や先輩も良くしてくれる人が多いし、後輩も良い子ばかり。中には嫌な人もいましたが、総じて居心地が良く働きやすい会社だったんですよ。

しかしそれでも私がその会社を辞めた理由は、端的に言えば「会社の業績が悪かったから」です。

業界そのものがいわゆる「斜陽産業」と呼ばれる業界で、全体的に不景気な傾向にありました。

その中でもその会社の業績は年々下降の一途をたどっており、回復する要素も見受けられないように感じました。

私が始めて転職を意識したのは、尊敬していた先輩が会社を辞めた時です。そして周りをよく見れば、会社からどんどん人がいなくなっていました。

しかしその会社は私にとって本当に居心地の良い会社で、業務内容もブラックとは言えない内容で、有り体に言えば「楽な」職場でもありました。

しかし、やっぱりいくら居心地が良くても、その会社で働く未来が見えない会社に居続けるのは危険だと判断し、転職しました。

本当に最後まで悩みました。自分を育ててくれた会社。みんなよくしてくれる会社。その会社を離れるという決断は、かなりの痛みを伴いました。

しかし結果的に新しい一歩を踏み出して良かったと、今では思っています。転職先の会社で新しい仕事を始められたのは良かったことですし、一社目の会社での経験があったからこそ、今ではこうしてフリーランスとして働けているとも思っています。

これは結果論に過ぎませんが、私にとって居心地の良い会社だったその会社は、今はもうありません。

良い会社だったのですが、業界全体が縮小傾向にある中では業績回復も難しく、今では昔の同僚も皆、別々の会社に通っています。

最後までみんなと一緒に仕事がしたかったとも思いましたが、あの時、居心地が良い会社を辞めて転職を行なったことは後悔していません。

いま、居心地の良い会社にいるけれど会社を辞めたいと思っているあなた、その理由はなんですか?

理由によってはあなたも私と同じように転職をした方が良いかもしれません。

では、居心地の良い会社にいるにも関わらずなぜあなたがその会社を辞めたいと思っているのか。

ケース別に見ていきましょう。

居心地が良い会社なのに辞めたいケース① 嫌いな人がいる

まずは人間関係ですね。

就労環境や基本的な人間関係はすごく良いので居心地は良いのですが、一人決定的に嫌な人がいる。

または自分の直属の上司がどうしても人間的に好きになれない。

そんなケースで居心地の良い会社を辞めたいという結論に至る場合もあると思います。

その場合は、転職を急ぐ必要はありません。その嫌な人が一生その会社にいるとは限りませんし、もし同僚で嫌な人間がいるのであれば、その同僚と関わり合いの少ない部署への転属願いを出すこともできるはずです。

私も、どうしても人間的に許せない人間と働いていた時に、その思いを人事権のある人間に相談して所属部署を変えてもらったことがあります。

部署が変わった後はとても快適に働くことができたので、その嫌な人間と距離を開けられるのであれば開けるための行動を取りましょう。

それでも、そもそも人数が少ない会社だったり、家族経営の会社で部署移動などが難しい場合はやはり転職をする他ないと思います。

「辞めたいな」と思いながら会社に通い続けても良いことはありませんよ。本当に。私はそれで体を壊してしまった経験がありますので強く言っておきます。

スポンサードリンク

居心地が良い会社なのに辞めたいケース② 仕事内容が不満

居心地が良い会社なのに辞めたいケース、続いては「仕事内容に不満がある」場合。

例えば、自分は事務職なのに営業職がやるべき仕事を無理やり押し付けられていたり、逆に営業職なのに事務方の仕事が多過ぎてやりたいことができていないなんていうケース。

あるいは「上司がやるべき仕事を丸投げされている」なんていうケースもありそうですね。

これは、改善ができそうであれば転職をする必要はないですが、改善の見込みがないようであればさっさと転職をしてしまった方がいいですね。

そもそも組織や人を変えようとすることって大変ですよ。

頑張れば改善されるかもしれませんが、そこにリソースをつぎ込むとあなたの大切な時間が奪われます。

あなたが本当にやりたいこと、望む働き方、それを実現できそうにないならさっさと環境を変えた方が良いです。

居心地が良いからといって、仕事自体が楽しくないならそこにいるべきじゃありません。

居心地が良い会社なのに辞めたいケース③ 給料が安い

次に居心地は良いんだけど「給料が安い」というケース。

この場合、ポイントとなるのが「給料は上がる余地があるのか?」という点です。

例えば、役職につくことができれば給料が大幅にアップしたり、自分が頑張ることで給料が上がるのであれば、あとは頑張るしかありません。

冒頭でも書きましたが、居心地の良い会社というのは、実はそこまで多くありません。ですから、今の会社が居心地が良くて頑張れば給料も上がる余地があるのであればそこで頑張るべきです。

しかし、どう頑張っても給料が上がる余地がない場合は、もうどうしようもありません。

「居心地は良いんだけど、この給料じゃ生活していくのが精一杯。子供の養育費とか考えるとどう考えてもヤバイよ……」

そんな場合はもう会社を変える決断をするしかありません。

会社全体の業績はあなた一人ではどうしようもありません。

私のようなフリーランスであれば自分の頑張りで自分の収益はいくらでもアップさせることができます。

しかし会社ではあなた一人が頑張っても、売り上げは伸びるかもしれませんが、それがあなたの給料に反映されることはありません。

ですから、居心地の良い会社を辞めたい理由が給料にあって、その給料が上がる余地もないのであれば、すぐにでも転職を考えた方が良いです。

あなただけが頑張ってどうにかなる問題じゃありませんよ。

居心地が良い会社なのに辞めたいケース④ 会社の業績が悪い

そして最後に、居心地が良い会社なんだけど「会社の業績が悪い」パターン。

これは私と同じケースですね。

会社全体が赤字を繰り返し、業界全体が回復傾向にもない場合。

この場合は、残念ですができるだけ早くその会社を離れた方が良いです。

会社の業績も、先ほどの給料と同じであなた一人だけではどうにもならないことが大半です。

そりゃ、漫画みたいにあなたが頑張ることで会社全体が救われるなんてことがあればかっこいいですが、冷静に考えてそんなことってほぼないでしょう。

そんな状態なのに「居心地が良いから」といって今の会社に勤め続けるのは、はっきり言って危険です。

転職をするにも、転職には年齢制限というものが存在しますから、いよいよ会社が危なくなって転職をしようと思っても時すでに遅しなんていうことになりかねないんです。

ですから、居心地の良い今の会社を辞めたい理由が会社の業績が悪いことにあるのであれば、シビアに考える必要があります。

もし明日会社が潰れても、会社はなんの責任も取ってくれませんよ。

居心地が良いから今まで頑張って働き続けてきたのに! なんていう言い訳は意味がありません。会社がなくなったらそのまま社会に放り出されるだけです。

そうならないように、今まだ会社があるうちに次の行動を起こすべきです。

スポンサードリンク

居心地が良い会社なのに辞めたいなら仕方がない

ここまでいくつかの「居心地が良い会社だけど辞めたい」ケースを見てきました。

それぞれ理由を考えた結果として、その会社を辞めたいという結論に至ったのであればもう考えても仕方ありません。

次の行動を起こしましょう。

居心地の良い会社を離れがたい気持ちは本当によく分かります。

しかし会社や上司、同僚はあなたの人生に責任を持ってくれません。あなた自身を守るのはあなただけです。

あなたの決断だけが人生を変えることができるのです。

そして転職をするのであれば、早い方が良い。これは紛れもない事実です。

転職をする際には採用する側の企業が明確な年齢制限を設けていることが少なくない(というかほとんどの会社が年齢制限を設けている)ので、転職に向けて動き出すのであれば早い方がいいです。

転職活動はダラダラやってもただ時間が過ぎていくだけです。

そして、いま居心地の良い会社にいる場合は、それが枷となっていつの間にか「転職しなくてもいいかなぁ……」と元どおりの場所に戻ってきてしまう危険性もあります。

そしてまた気がついたら「居心地が良いけど会社辞めたい」なんて思っている。それでは本当にいずれ間に合わなくなりますよ。

最速で転職を目指す場合、必ず利用するべきなのが「転職エージェント」です。

転職エージェントは、あなたの転職活動をあらゆる面でバックアップしてくれる存在です。

あなたが希望する転職案件を探してくれるところから、相手先企業とのアポ取り、面接日程の調整、職務経歴書などの添削など、転職活動に関するあらゆる部分で尽力してくれます。

その理由は簡単で、転職エージェントは「転職を成功させることで報酬をもらえる」のです。

つまり、転職エージェントとしてはあなたをバックアップすることで採用先から感謝され報酬ももらえるので、必死になって手伝ってくれるわけです。

転職エージェントとあなたの利害は完全に一致しているわけです。

そして転職エージェントを使う一番のメリットは、転職活動が円滑に進むことです。

転職エージェントはどんどん転職活動を進めてくれるので、気がつけば転職活動が終わっています。

転職活動は思っている以上に体力も気力も使いますから、エージェントの力を借りない手はありません。

私も居心地の良い会社から転職をする際は転職エージェントを利用して自分の気持ちが冷めないうちに最速で転職をしました。

おすすめの転職エージェント

私が実際に使った転職エージェントをご紹介しますよね。

私が利用させていただいたのは「パソナキャリア」という転職エージェントです。

パソナは中堅の転職エージェントですが、私の希望する案件をしっかりと紹介してくれて、無駄な時間を使うことなく転職をすることができました。

私を担当してくださったエージェントの方はとても感じが良い人で、転職したあともしばらくメールのやり取りなんかをさせていただきました。

実際に自分が使ったことがあるので自信を持っておすすめできる転職エージェントですね。

あとは業界最大手の「リクルートエージェント」もやはり登録しておいた方がいいでしょうね。

業界最大手ということで持っている転職案件も多いですので、希望にあった案件が見つかる可能性が高いです。

登録しておいてそんはないでしょう。

転職エージェントを使う場合は、この二社くらいでいいかなーと思います。あまり多く登録しても対応が煩雑になって面倒くさくなっちゃいますので。

居心地が良い会社だけど辞めたいあなたへ、まとめ

居心地の良い会社というのは、そこだけを見れば素晴らしい会社です。

ブラック企業なんかもある中でそういう会社に所属することができたのはラッキーだと思います。

しかしだからこそ、そんな会社を辞めたいと思ったからにはその理由をきちんと見定めて、次の行動を取るべきです。

あなたが本当に居心地が良くて、辞めたいなんて思わない会社に出会えることを願っています。

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。