青森に移住して一年経ちました!青森移住のメリットデメリットを書いてみます!

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

青森県十和田市に移住をして一年が経ちました!

青森の冬も経験し、とりあえずは青森がどういうところか分かったような感じですね。

私は生まれも育ちも東京なので、まったく馴染みのない青森県という場所で暮らすことに不安もありましたが、まったく問題なく、むしろ楽しく快適に生活しています。

青森はいいですよ〜。今移住を検討している方にはぜひおすすめしたいですね。

ということで、東京から青森に移住した私が「青森県に移住するメリットとデメリット」を徹底的に正直に書かせていただきます!

スポンサードリンク

青森に移住するメリット

まずはメリットから見ていきましょう!

1.食が美味しい!

まぁなんといってもこれですね!

青森は海産物をはじめとした美味しいものがたくさんあります!

ウニやホタテやマグロなど、東京にいた頃は味わうことのできなかった本物の海の幸がたくさんあります!

私が住んでいる「十和田市」は内陸の町なのですが、十和田はお肉とかが美味しかったりします!

「B-1グランプリ」で優勝したこともある「十和田バラ焼き」は絶品!

ご飯永久に食えるタイプのやつ

ちょこっと車で出掛けるだけで本物の海の幸や山の幸を味わえるのは青森に移住するメリットの一つなのは間違いないですね!

青森に来てくれたお友達も皆さん食の楽しさを満喫してくださっています!

ちなみに青森県はお酒も美味しいお酒がたくさんありますよ!

じょっぱりと呼ばれる辛口のお酒や各市町村で作られているお酒を楽しむことができます。

お酒好きにはたまらないところですね!

2.人が少ない!

メリットの二つ目は「人が少ないこと」です。

青森は東京に比べると人が圧倒的に少ないです。

もうほんと、これが最大のメリットと言ってもいいくらいです。

人混みが大嫌いな私は青森に移住して来て幸福度が150%くらい上昇しましたね。

平日なんかではどこに行っても空いているし、土日でも東京に比べたら圧倒的に人は少ないです。

人が多いのが苦手だ……という方は青森に移住すれば幸せになれること間違いなしですよ。

3.見所がたくさんある!

青森は色々見所があるのも嬉しいところですねー!

ありすぎて一年では全然回れていないというw

例えば私が住んでいる十和田市という場所には「十和田湖」という綺麗な湖があります。十和田湖に続く「奥入瀬渓流」も有名です。

関連記事:【十和田市】奥入瀬渓流の氷瀑が見られる時期は? 冬の奥入瀬渓流は綺麗だよ!

あとは田舎館村というところにある「田んぼアート」なんかは知っている人も多いのではないでしょうか。

全国的に有名な霊場、恐山や「千人風呂」が有名な酸ヶ湯温泉などなど……。

青森に来たことがない人でも名前くらいは聞いたことのある人が多いんじゃないかなという場所がたくさんありますね。

ですから自分が楽しめるのはもちろんのこと、県外から友達が遊びに来てくれた時におすすめする場所がたくさんあるのも嬉しいですね!

4.誇れるものがたくさんある

青森には見所もたくさんありますし、誇れるものもたくさんあります。

青森と言えば一番有名なのは「りんご」だと思うんですが、青森のりんごは本当に美味しいですよ。

りんごと言ってもたくさん種類があるので食べ比べしても面白いですし。

個人的にはりんごジュースが本当に美味しすぎて、もう他のりんごジュースは飲めません。青森のりんごジュースは本当にうまい!

あとはやはり「ねぶた祭り」ですね!

昨年見に行ったのですが、夜、煌々と輝くねぶたが町を練り歩く様子は圧巻でした!

今年は「跳ね人」として参加してみようと思っています!

関連記事:【写真多数】青森ねぶた祭り2017徹底レポート!

あと、青森はにんにく生産量が全国1位だったりしますし「大間のマグロ」という果てしなく美味しいマグロも全国的に有名です。

こんな感じで県外に誇れるものがたくさんあるのも、青森に移住するメリットの一つかなと思います。

5.意外と移住者は多い

あとこれは意外に思われるかもしれませんが、青森ってけっこう移住者が多いんですよ。

私が住んでいる十和田市はそこかしこに移住者がいまして、移住者のコミュニティなんかもちゃんと存在しています。

ですから、東京から移住してきてもなんの問題もなく地域に馴染めますし、困ったことがあれば色々助けてくれます。

十和田市以外でも青森県全体で移住者の受け入れを促進されているようで、青森市なんかも移住者が増えているようですね!

移住先を考える上でしっかり行政のサポートも受けられるのは良いところだと思います!

青森に移住するデメリット

さて、では次は青森県に移住するデメリットを書いてみようかと思います!

1.雪は確かに大変だけど……

青森と言えば雪! ですね。

確かに雪はたくさん降ります。11月頃から降り始めて4月くらいまで降りますね。

なので一年の半分くらいは雪が降っている感じになりますが、本当にしんどいくらい降るのは12月〜2月くらいでしょうか。

しんどいと言っても私が住む十和田市って青森県の中でもそれほど雪が降らない地域なんですよ。

昨年から今年にかけても、一年のうち2〜3回くらいしか雪かきはしませんでした

除雪車がきちんと入るので、そこまで大変じゃないイメージです。

十和田市より南の「八戸市」という大きな町では、より雪が降らないので多分ほとんど雪の辛さってないんじゃないか?とすら思いますね。

雪がたくさん降るのは、十和田市より北の青森市や弘前市といった津軽方面と呼ばれる地域ですね。特に日本海側は雪がかなり降りますね!

慣れれば大丈夫なのでしょうか、冬の津軽方面の運転はちょっと怖いです。

雪が降る季節になると山には入場規制が入るので、国道とかを使って移動することになるのでちょっと不便になるかなぁ〜という感じ。

でも、よっぽど田舎に住まなければ多分皆さんが思っているような雪の被害はないですよ。

特に十和田市や八戸市は雪の量が少ないので冬でも普通に生活を送っているイメージです。

2.どこかに行くのはちょっと遠い

あとは……他の県などに遊びに行くときにちょっと不便かな?というのはありますね。

東京に行くのであれば飛行機や新幹線などがあるのでOKですが、例えば近畿や四国、九州といった方面に遊びに行くとなると飛行機の乗り継ぎが必要だったりするので不便かもです。

私は東京に実家がありまして、東京に帰省するくらいだったら新幹線で3時間くらいなので余裕なんですけどね。

どこかに旅行に行きたい! となるとちょっと県外に出にくいかなぁ〜という印象はあります。

青森には空港が二つ(青森空港、三沢空港)あるのですが、ピンポイントでどこどこへの直通便はないとかがあるので、出張にガンガン行くぜ! とかって人は不便な地域かもしれないです。

ただ私のように「たまに仕事で東京に行く」くらいの人であればまったく問題ないです。

飛行機でも新幹線でも東京へは一本で行けますし、飛行機なら1時間半くらい、新幹線でも3時間くらいで東京に行けるので楽ですよ。

実際、十和田市でも毎週のように東京に出かけている人がいたりするので。

仕事はどうするの?

地方移住の話をすると必ず聞かれるのが「仕事はどうしたのか?」という問題ですが、私はクラウドソーシングを使ってサクっと月収20万円くらい稼げるようになってから移住しました。

クラウドソーシングで稼げるようになっておけば日本全国どこにいても仕事ができるようになるので、移住を考えている人は地方で仕事を見つけるというより、とりあえず東京で完全在宅でも稼げる方法を確立することをおすすめしますね。

関連記事:クラウドソーシングで稼ぐ方法、コツが分かれば月収20万円は余裕で稼げる

あとは「リクナビネクスト」などの転職サイトで青森で出来る仕事を探してもいいでしょう。

試しに「青森」に限定して仕事を探してみたら360件ヒットしましたよ。

とりあえずこうした転職サイトで青森の仕事を探してから地元の人の紹介で仕事を紹介してもらうなんていう「二段階転職」もありかなと思っています。

関連リンク:リクナビネクストで青森の仕事を探してみる

移住担当の職員の方に聞けば仕事先を紹介してくれたりもするので、そういう行政のサポートを受けるのもありですね!

スポンサードリンク

まずはお試し移住を!

青森に移住するメリットデメリットはこんな感じですね!

露骨にデメリットの方が少なくなっちゃいましたが、実際デメリットって別に思い当たらないので……。

私が移住して思ったことを正直に書かせていただきました!

青森への移住を検討されている方は、ぜひ一度お試し移住をしてみてください!

我が十和田市でも「お試し住宅」と言って移住を検討している方が無料で利用できる住居があるので、そういう施設を使って一週間くらい滞在してみてはいかがでしょうか。

関連リンク:平成30年度「十和田市移住お試し住宅」のご案内

私もお試し移住をやってみてから十和田に住むことに決めたので、そういうやり方はありだと思います。

青森はいいところですよー!

移住してみたい方は移住担当の職員さんとか紹介するのでご連絡くださーい!

やめたろーでした。

関連記事:十和田市に移住して一年経ちました!十和田市移住のメリットデメリットを書いてみます!

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。