【初めての資産運用】資産運用とは? なにをしたらいいの……?

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

資産運用初心者
資産運用ってそもそも何? 資産運用ってなにから始めればいいの?

そんな疑問にお答えすべくこの記事を書いています。

この記事を読んでいただければ

・資産運用とは何をすることか

なぜ資産運用をしなければいけないのか

資産運用初心者はなにから始めればいいか

これらの疑問が全部解決します。

5分くらいで読める記事なので、ぜひ読んでみてください!

スポンサードリンク

資産運用とは?

資産運用ってそもそも何?

それではまず最初に「資産運用ってそもそも何?」という疑問にお答えしたいと思います。

資産運用とはその名の通り「資産を運用すること」です。

では資産とはなにか?

例えばあなたが持っているお金。これも資産です。

あなたがもし家などの不動産を持っているならこれも資産ですね。

ただ多くの人にとっての資産はやはり「お金」でしょう。

今あなたの銀行に眠っているお金。これを運用するのが資産運用なのです。

ではお金を運用してなにをするのか?

それはもちろん「お金を増やす」のです。

普通、私たちがお金を得るためには会社に行ったりして働かないといけませんよね。

1ヶ月会社に通って給料として20万円もらう。

それが一般的な「お金の稼ぎ方」だと思います。

しかし実は「お金でお金を稼ぐ」こともできるんです。

例えば、「銀行にお金を預けて利子をもらう」これも「お金でお金を稼ぐ」行為ですよね。

ですから広義で言えば「銀行にお金を預ける」ということも資産運用の一部なわけです。

多くの人がすでに資産運用をしているということになりますね。

ただし。

あとで詳しく説明しますが、銀行にお金を預けているだけではお金は増えません。

だから、もっと効率よくお金にお金を稼いでもらう

それが資産運用です。

なんで資産運用をした方がいいの?

ではなぜ資産運用をした方がいいのか?

資産運用をした方がいい理由は二つあります。

理由その①:銀行にお金を預けているとお金が減るから

まず前提のお話でここが一番大事なんですが、銀行にお金を預けているとお金は減ってしまいます

資産運用をしている人はみんなこれが分かっているはず。

銀行に預けたお金が減るわけないじゃん!

と思われるかもしれませんが、そうではないんです。

まず、銀行の金利についてですが、銀行の金利はものすごく低いです。

大手メガバンクなどの金利を見ても「0.001%」とかですよね。

ちょっと金利が高い銀行でも「0.02%」とかです。

それぞれ100万円預けていたとしたら

1,000,000円×0.001%=10円

1,000,000円×0.02%=200円

やばいですよね。

これじゃあ一回ATM手数料を取られたり振込手数料を取られたりするだけで赤字です。

また「いま君に伝えたいお金の話」という本のなかにはこんな記述もあります。

銀行に預けておくとお金が減ってしまうということを覚えておいてほしい。
この「減ってしまう」というのは実際の金額が減ってしまうということではありません。

経済が成長している国においては、今日持っている100円は、5年後に同じ100円の価値をもっていないことがあります。

引用元:「いま君に伝えたいお金の話」(幻冬舎)

昔の映画とかでよく、「お蕎麦一杯10円」みたいな描写が出てきますよね。

それを見ると「昔って色々なものが安かったんだな!」と勘違いしてしまいそうになりますがそうではないんです。

経済が成長していくと、今持っているお金の価値は減っていくんです。

例えば、昔って自動販売機のジュースって100円でしたよね?

それがいつの間にか140円くらいになっている。

これも「お金の価値が下がっている」から起きることです。

ではなぜお金の価値が下がるのか?

これはこの記事がとても参考になりましたので引用してみます。

gooニュース
物価が上がると、なぜ景気が良くなるのか?〜知らないと損をする「インフレ時代の買物術」より

●物価が上がるとはお金の価値が下がること

現在、日銀はインフレ、つまり物価を引き上げるための政策を行っている。物価が上がるということは、お金で買える商品やサービスの価値が上がるということだ。裏を返すとお金の価値が下がるということである。

中略

●物価を上げると景気が良くなる?

お金の価値が下がると、稼ぎが今と変わらなくても、事実上収入が減ったのと同じことになる。なぜ日銀はわざわざ生活が苦しくなるような政策を行うのだろうか?

それは実は景気を良くするためなのだ。今まではインフレの逆のデフレ。つまり、物価が下がり、お金の価値が上がっていく時代が長く続いた。そうすると、今日の1000円よりも、明日の1000円の方がより良い、あるいはより多くの商品が買えるということになる。

そうすると、今使ってしまうよりも、しばらく持っていようということになり、消費が冷え込む。つまり、商品やサービスが売れなくなる。売れなくなると給料が下がり、ますます消費は冷え込む。そして、さらに売れなくなる、というようなスパイラルが生まれてしまう。

そこで、インフレを起こすという発想が生まれる。インフレが起きると、今日の1000円の方が、明日の1000円よりも良い条件で使えるのだから、さっさと使ってしまおうということになる

引用元:gooニュース
物価が上がると、なぜ景気が良くなるのか?〜知らないと損をする「インフレ時代の買物術

とても分かりやすい記事ですね。

つまり、お金は「ただ持っているだけ」では価値がどんどん下がってしまうということです。

銀行に預けていても微々たる金利しか得られないので、それだけではお金の価値の下落には追いつけないというわけです。

だから資産運用をしてお金でお金を増やさなければいけない、というわけですね。

理由その②:不労所得を得るため

そして資産運用をした方がいいもう一つの理由は「不労所得を得るため」です。

あなたは今元気に働いているかもしれませんが、もし働けなくなったらどうしますか?

例えば会社員の方は何らかの病気などで会社に行けなくなる(=働けなくなる)と収入がなくなってしまいますよね。

フリーランスとして働いている人も、明日から自分が働けなくなったら、収入がなくなってしまいます。

そんな時に、きちんと資産運用をしていて「お金がお金を稼いでくれる状態」だったら、収入はなくなりません。

「不労所得を得るため」というのはなにも「遊んで暮らしたいから」というわけじゃないんです。

まぁ私は遊んで暮らしたい(というか小説だけ書いて暮らしたい)ので、そういう意味でも不労所得は欲しいですが。

そんな感じで「不労所得を得る為」=「自分が働けなくなった時にお金を得る為」に資産運用をしましょうというのが私の主張です。

資産運用はなにをすればいいの?

じゃあ資産運用ってなにをすればいいの?

実際に資産運用ってなにをすればいいのでしょうか。

これから資産運用を始めようと思っている方は、まず「自分には余剰資金がいくらあるか」を計算してください。

余剰資金というのはなにかというと「今すぐ必要ではない、余っているお金」です。

生活資金や、なにかあった時の為の予備費用とかは大事なのでそのまま取っておく必要があります。

それ以外の「今すぐには使わないお金」がいくらあるのか。

それを計算することから資産運用を始めましょう。

そして余剰資金が分かったら、それを資産運用に回すのです。

余剰資金は先ほど説明した通り、銀行に預けたままにしておいたりタンスの奥にしまっておくだけでは価値が下がってしまうので、今のうちにそのお金を働かせてお金を稼ぎましょう。

ではどんな風に余剰資金を運用したらいいのか。

そんな初心者におすすめな資産運用をご紹介します。

スポンサードリンク

初心者におすすめな資産運用

初心者におすすめな資産運用。

それはずばり「ロボアドバイザー」です。

ロボアドバイザーとはざっくり言うと「AI(人工知能)にお金を預けて自分の代わりに資産運用してもらう」というサービスです。

ロボアドバイザーにお金を預けると自動で株や金、不動産など色々ものに投資をしてくれます。

資産運用の初心者って最初はなにをしたらいいか分からないじゃないですか。

その点ロボアドバイザーを使えば預けたお金を勝手に運用してくれるんです。

お金を預けてあとは放置」これが初心者にとって一番簡単な資産運用方法です。

ロボアドバイザーについては別記事でじっくりまとめましたのでそちらも参考にしてみてください。

関連記事:【知識ゼロからOK】ロボアドバイザーとは?超わかりやすく解説

まとめ:資産運用を始めよう!

ここまでの内容をざっくりまとめると

・資産運用とは資産(お金)を運用して資産を増やすこと
・お金は貯金しているだけだと減っていく
・資産運用は余剰資金
・最初の資産運用にはロボアドバイザーがおすすめ

とこんな感じですね!

私は2017年から資産運用や投資について学び始めたのですが、もっと早く勉強しておけばよかった……と反省しております。

皆さんもなるべく早く資産運用を始めましょう。

関連記事:【知識ゼロからOK】ロボアドバイザーとは?超わかりやすく解説

関連記事:「投資」って何が良いの……? 勉強してみたので噛み砕いて説明します

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。