【知識ゼロからOK】FXとは?めちゃくちゃ分かりやすく解説

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

FXってそもそもなに?

FXってどうして儲かるの?

FXってギャンブルなの? 投資なの?

FXって危なくないの?

そんな疑問に答えるべくこの記事を書いています!

この記事を読んでいただければ

・FXとはなにか

・FXで儲かる仕組み

・FXは危ないものなのか

・FXはどうやって始めるのか

こんな疑問が一挙に解決します。

誰でも分かるようにめちゃくちゃ丁寧に記事を書きましたので参考にしてみていただければと思います!

5分くらいで読める記事なのでぜひ読んでくださいね。

スポンサードリンク

FXってなに?

それではさっそく「そもそもFXってなに?」という点から解説していこうと思います。

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語に直すと「外国為替証拠金取引」という意味になります。

でも意味だけ聞いてもなんなのかさっぱり分かりませんよね。

FXとは、めちゃくちゃ簡単に言えば「外国のお金を買ったり売ったりすること」になります。

普段私たちが使っている日本円で「ドル」や「ユーロ」といった外国のお金を買ったり、売ったりすることを「FX」と言います。

FXはなんで儲かるの?

FXとは外国のお金を買ったり売ったりすること。

ではなぜ外国のお金を買ったり売ったりすることで儲かるのでしょうか?

それは「お金の価値が変動しているから」です。

これはどういうことかというと、例えば「ドル」ってありますよね。アメリカとかで使えるお金。

この「ドル」の価値って実は安くなったり高くなったりしているんです。

1ドルが100円の価値を持っている時もあれば1ドルが120円の時もあります。

つまり1ドルを買うために100円必要な時もあれば120円必要な時もあるのです。

FXではこの差額を利用して利益を得ることになります。

分かりやすく説明しますね。

1ドルが100円の時に、あなたが100円で1ドル買いました。

そして一ヶ月後。

1ドルは120円になっていました。

あなたは1ドルを120円で売りました。

すると、100円で買ったものが120円で売れたので、20円の利益が発生しました。

FXでは、外国のお金を「安い値段の時に買って」「高い値段の時に売る」ことで利益が出るわけです!

これがFXで儲ける仕組みです!

FXって危なくないの?

さて、FXと聞くと「FXで破産した!」「FXで借金まみれになった!」みたいな話をよく聞くと思います。

ですが結論から書くと、FXは別に危なくありません

ではなぜ「FXは危ない」と言われているのか。

理由その1:借金をしてまでのめり込む人がいる

「FXが危ない」と言われる理由の一つは「借金をしてまでFXで儲けようとする人がいるから」です。

FXは頑張ればかなり儲かる投資方法なので、一度FXで損をしたのでそれを挽回しようと借金をしてFXにお金をつぎ込む人がいるんです。

この結果「FXで借金まみれになった!」みたいなことが発生するのです。

しかしどんな投資でも儲かることがあれば損することもあります。

だから投資は余剰資金でやるべきで、余剰資金でやっていれば「FXで借金まみれになった!」なんてことはまずありえないはずなんですよね。

それなのに「FXで破産した!」「FXで借金まみれになった!」みたいな情報が目に入ってくるのは、FXをパチンコなどのギャンブルと同じように考えて借金をしてまでのめり込む人がいるからです。

FXは少額で始めることもできますし、最悪FXの口座に入金したお金がゼロになることはありますが、よほどのことがない限りそれ以上の損失が出ることはありません(保有している通貨の価値が急激に下落した時には口座がマイナスになることはありますが)

理由その2:レバレッジという仕組みがあるから

「FXが危ない」と言われる理由の二つ目は「レバレッジ」という仕組みがあるからです。

レバレッジとはなにか?

レバレッジとは簡単に言うと「口座に預けているお金以上の取引ができる制度」のことです。

例えば、FX口座に10万円預けているとします。

ではこの状態で買えるのは何円分の外貨でしょうか。

普通に考えれば「10万円分」ですよね。

しかしFXにはレバレッジという制度が存在していて、2018年11月現在日本のFX会社の多くは最高25倍までの金額の外貨を買うことができるのです。

10万円口座に入っている状態であれば250万円までの外貨を買えるということですね。

不思議ですよね! でもできるんです。

つまり少額のお金でもより大きな金額の取引を出来るので少ないお金でたくさんの利益を見込めるのです。

ただし!

レバレッジにはもちろんリスクもありまして、利益が出た場合のリターンが大きい分、損失も大きくなる可能性があります。

例:10万円(レバレッジなし)と250万円(レバレッジ25倍)でそれぞれドルを買った場合。

1ドル=100円の時に買って、1ドル=99円になってしまった時の損失はどうなるか。

■10万円(レバレッジなし)

ドルを買う
100,000円÷100円=1,000ドル

ドルを売る
1,000(ドル)×99円=99,000円

元のお金が100,000円で売った後のお金が99,000円なので1,000円の損失。

■250万円(レバレッジ25倍)

ドルを買う
2,500,000円÷100円=25,000ドル

ドルを売る
25,000(ドル)×99円=2,475,000円

元のお金が2,500,000円で売った後のお金が2,475,000円なので2万5,000円の損失。

とこんな感じで、高いレバレッジで取引を行うと、損失が出た場合にその損失が大きくなってしまうのです。

10万円投資して、1,000円の損失ならそんなでもないですが、2万5,000円の損失が出たらかなりのダメージですよね。

FXに「レバレッジ」という仕組みがあるからこそ、こうした大きな損失が出る可能性があるのです。

ですからFXを初めてやる方はレバレッジを低い値(2倍〜4倍くらい)にしておけば大きな損失が出る可能性は低くなると言えます。

まとめると、FXが危ないと言われている理由は

・FXで借金をする人がいる
・レバレッジを高くして取引をする人がいる

この二つです。

これらのリスクは自分が気をつけていれば回避可能なので必要以上にFXを怖いものと思う必要はないです。

スポンサードリンク

FXと他の投資の違い

FXってつまり「投資」の一つなのですが、では他の投資と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

不況でも稼げる

FXをやるメリットで一番大きいのはこれですね。

FXって不況の状態でも稼げるんですよ。

普通の投資、例えば株式投資などでは、「買った株の価値が上がる」といったような好景気の時しか稼げません。

同じく不動産投資などでも「買った土地や建物の価値が上がる」という好景気な時にしか利益が出ません。

しかしFXは違います。

FXの場合、投資をしようとしているお金(ドルやユーロ)などの価値が下がっている時でも利益を出せるんですよ。

これがFX最大の特徴ですね。

なんで価値が下がっても利益が出せるの!?

そう思いますよね。

実はFXには「買ってから売る」という取引の他に「売ってから買い戻す」という取引方法があります。

■買ってから売る

1ドル100円の時に買って110円の時に売る=10円の儲け!

■売ってから買い戻す
1ドル100円の時に売って90円の時に買い戻す=10円の儲け!

っていう流れなわけです。

いやいや! なんで最初に売ってるの? 持ってないのに売れないでしょ!

もっともな疑問だと思います。私も最初はこれが疑問でした。

簡単に説明すると、「売ってから買い戻す」場合、最初に売る時にFX会社から売ろうとしている外貨を「借りて」いるんです。

ドルを売りたい時に、1ドルFX会社から借りて売る。そしてその1ドルをあとで買い戻してFX会社に返す。

こういう仕組みになっているんですね。

ちなみにこういう取引を「信用取引」と呼びます。FX会社はあなたが預けているお金(FX口座の残高)があるからあなたを信用して外貨を貸してくれる、というわけですね!

少額から投資ができる

これも大きなメリットなのですが、FXは少額からでも投資ができるんですよ。

先ほど説明しましたがFXには「レバレッジ」という仕組みがあるので少ない金額でも大きな取引をすることができます。

株式投資や不動産投資だとある程度まとまった資金を用意して投資を始める必要があるのですがFXは数万円程度の資金から始めることができます。

少額から始められるのはFXの大きなメリットの一つですね。

24時間いつでも取引が出来る

FXの取引は24時間いつでも行うことができます。

これって実はすごい特徴なんですよね。

例えば株式投資は平日の9:00〜15:00しか取引ができません。

しかしFXは24時間いつでも取引が可能なのです。

平日の昼間って働いている人も多いですよね。

だから平日働いている人にとっては24時間いつでも取引ができるのはメリットの一つになると思います。

FXってどうやって始めたらいいの?

さて、ではFXって実際どうやったら始めることができるのでしょうか。

なんか面倒な手続きが多そうだな……

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、FXを始めるのはめちゃくちゃ簡単です。

FXを始める為に必要なステップは

・FX口座を開設する

・口座に資金を入金する

これだけです。

銀行口座を作るのと同じような感じでFX会社に口座を開き、その口座にお金を入金する。

これだけでFXを始めることができます。口座を作るのに必要な時間は2〜3日ぐらいですね。

というわけでFXを始めてみたいと思っている方はまずはFX口座を開いてみましょう。

おすすめのFX口座は以下の通りです!

DMM FX

国内最大級のFX口座登録数を誇るDMMのFX!
LINE公式アカウントによる迅速サポートが受けられるのも魅力ですね。初心者に優しいイメージ。

外為ジャパンFX

DMM.comのもう一つの証券会社です!
DMMFXに比べてより少額な取引から開始できるのが強みですね!

ヒロセ通商


外為ジャパン同様、少額からの取引に対応している証券会社です!
顧客満足度の高い証券会社です。また、あまり有名ではないマイナー通貨の取引までをカバーしている証券会社です。

とりあえずこの三つのFX会社で口座を開いておくことをおすすめします!

FX口座は開設までに2〜3日かかりますし、複数のFX会社で口座を開いてもデメリットはなにもないのでFXを始めたいと思っている方はとりあえずサクッと口座を開設しておきましょう!

その他おすすめの資産運用方法はこちらの記事で紹介しています!

【知識ゼロからOK】ロボアドバイザーとは?超わかりやすく解説

【初めての資産運用】資産運用とは? なにをしたらいいの……?

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。