在宅ワークで生計を立てることはできる?→十分可能です。方法教えます

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

私はもうかれこれ三年近く在宅ワークで生計を立てています。

会社で働くことがまだまだ普通な今の日本では特殊な働き方かもしれませんね。

そしてこの記事を読んでくださっているあなたは「私も在宅ワークで生計を立ててみたい! けど、どうやったらいいのかな」という疑問をお持ちなのではないでしょうか。

そこで、在宅ワーカーとしてプロで働いている私が「在宅ワークで生計を立てる方法」についてみっちり紹介いたします。

スポンサードリンク

在宅ワークで生計を立てることは可能

まず最初に経験者として断言しておきたいのは、在宅ワークでも生計を立てることは可能だということです。

私は「過敏性腸症候群」という病気を患っておりまして、人が多い通勤電車や都心に出かけて行くことが苦痛になり在宅ワークを始めました。

その結果、わずか五ヶ月で月収20万円を達成し、在宅ワークでも十分生計を立てることができています。

青森県に引っ越した今でも、仕事をする日はまったく家を出ません。遊びに行く時は車で温泉に入りに行ったりしますが、仕事は完全に在宅でやっていますね。

「在宅ワークで生計を立てるなんて無理だ」と思っている人は今すぐその意識を刷新してください。在宅ワークで生計を立てることなんて簡単ですよ。

あえて「簡単」と言わせていただきました。だって皆さん在宅ワークで生計を立てることに対して必要以上に難しく考えているようなので。

今や在宅で仕事をする方法なんていくらでもあります。問題はどんな仕事があるかをきちんと知って、そこに時間をかけることです。

そこで、私から「在宅ワークで生計を立てる方法」についてご紹介いたします。

在宅ワーク① クラウドソーシングで生計を立てる

まずはこちら。

在宅ワークで生計を立てたい人は今すぐにクラウドソーシングで仕事を始めましょう。

「クラウドソーシング」とはインターネット上で様々な仕事を受注できるサービスで、クライアントとのやり取りから決済まで全てオンライン上で完結します。

仕事も多種多様な仕事が募集されており、その中から自分がこなせる仕事を選んで仕事をするだけでOK。

よく「クラウドソーシングは単価が安いから稼ぐなんて無理!」というような情報を見かけますが、それはクラウドソーシングに本気で打ち込んだことのない人の意見ですね。

クラウドソーシングでも単価の高い仕事はたくさんありますし、条件の良い案件もたくさんあります。

経験ゼロの状態からでも、クラウドソーシングにフルコミットすれば半年後くらいには月収20万円稼げるようになっていると思います。

まさに私は会社を辞めたその日からクラウドソーシング上でライターとして仕事を開始し、その五ヶ月後には月収20万円を達成しました。

五ヶ月間はひたすら家にこもりライティングの作業に打ち込みました。

元々家に一日中いても苦にならない性格だったので、大変だった部分もありましたが幸せでしたね。

だって通勤電車に乗る必要もないし、たくさん人がいる会社という場所に行かなくていいわけですから。

クラウドソーシングは私が使っていた頃よりさらに進化していますので、今はもっと稼ぎやすくなっているんじゃないでしょうか。

クラウドソーシングサイトはいくつかありますが、代表的なところでは「クラウドワークス」「ランサーズ」でしょうかね。

この二つのどちらかを選んでフルコミットすれば生計を立てることは可能ですよ。

在宅ワーク② ブログ運営で生計を立てる

そして次に、今私が取り組んでいる在宅ワークとして「ブログ運営」があります。

このブログのように自分だけのブログを立ち上げてそこで様々な広告を掲載したり商品を売ったりして生計を立てる方法ですね。

私はかれこれ三年近くこのブログを運営していますが、三ヶ月ほど前から本気でブログ運営に打ち込んでみることにしました。

そして先月はようやくブログ運営で月収10万円を達成することができ、次は月収20万円を目指しています。

ブログの良いところは、ほとんどリスクなく始められることです。

無料ブログを使えばタダでブログを始めることができますし、有料のものを使っても月々数千円でブログ運営をすることができます。

私は「WordPress」というシステムを使って独自にブログを運営しています。

ブログは記事を書けば書くほどアクセスが集まりやすくなり、その結果たくさんお金を稼げるようになります。

一つ一つを積み上げて行くことができるので、ブログそのものが資産となり、最終的にはほとんどブログを書かなくても継続して収益が発生するようにすることもできるのが魅力ですね。

いきなりブログ運営だけで生計を立てるのは難しいと思う方は副業として始めて見ることも可能です。私は会社員時代にブログを立ち上げ、土日や平日の夜などにブログを更新していました。

その結果、ブログで毎月10万円前後稼ぐことができているので、ブログやっててよかったなぁ〜と思っています。

ブログはすぐ始めることができるので、まだやっていない人はすぐ始めてみましょう。

参考になる記事のリンクを貼っておきますね。

スポンサードリンク

在宅ワーク③ 自分の得意なスキルを売って生計を立てる

次にご紹介したい在宅ワークは「自分のスキルを売って生計を立てる」というものです。

例えば私の場合、いわゆるライターとしてのライティングの他に小説も書けるので、有料で人のために小説を書いてお金をいただいたりしています。

また自選の作品集をnoteやkindleなどで販売してそこから収益を得ています。

小説執筆以外にもイラストを書いたり作曲したりなど、なにかスキルを持っている方はぜひそのスキルを活かしてまずは少額でも構いませんのでお金を稼いでみましょう!

将来的にそれを事業の柱にして在宅ワークで生計を立てることが可能になります。

自分のスキルを販売するには自分で決済等を取りまとめるのは大変なので「ココナラ」などのサービスを利用すると良いでしょう。

在宅ワーク④ リモートワーク・テレワーク可能な会社に転職する

そして在宅ワークで生計を立てる方法として最後にご紹介したいのは「リモートワーク・テレワーク可能な会社に転職する」という方法です。

リモートワーク・テレワークとは、会社に属しながらも自宅で仕事をこなす就業形態です。

そもそも今、インターネットもこれだけ発達し、チャットやテレビ電話なども簡単に行うことができる世の中なのに会社に通って仕事をしなければいけないなんて効率が悪いと思いませんか?

通勤するだけで大変なんだから、みんな自宅で仕事ができるようになればいいのかなと思っています。

実際、リモートワークやテレワークで働くことができる会社も増えてきています。

試しに大手転職サイト「リクナビNEXT」で「リモートワーク」「テレワーク」と調べてみたらいくつか転職案件がヒットしましたよ。

リモートワーク・テレワークを推奨している企業の数はまだ少ないので、リクナビNEXTなどの転職サイトに登録して常に転職案件をチェックしておくのも在宅ワークで生計を立てるための近道です。これからリモートワーク・テレワーク可能な会社は増えていくはずなので、今のうちにチェックを始めてください。

リクナビNEXTに登録する

在宅ワークで生計を立てる方法まとめ

在宅ワークで生計を立てることは十分に可能です。そんなの無理だと思っている方は、今すぐその意識を変えてください。

インターネットがある現代では、在宅で生計を立てることなんてめちゃくちゃ簡単なんですよ。

それを可能にするサービスも数多く存在します。

あえて言わせていただければ、在宅ワークで生計を立てられるかどうかなんて「やるかやらないか」です。

本気でやれば会社にわざわざ出向いて働く必要なんかなくなりますよ。

在宅ワークに挑戦してみたいという方は、ぜひ今日いますぐにクラウドソーシングに登録をしてとりあえずお金を稼ぐことに挑戦してみてください!

やめたろーでした。

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。