ライターになるにはどうしたらいいの?【1から解説します】

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

ライター志望者
ライターになりたいけど、ライターってどうやったらなれるんだろう

そんな疑問をお持ちの方に向けてこの記事を書きました!

この記事を読んでいただければ、以下のような疑問が一挙に解決します。

・ライターになるにはどうすればいいの?

・ライターになる為に読んだ方が良い本とかあるかな

・自分にライターの適正があるかどうか知りたい

・ライターってどれくらいで稼げるようになるの?

記事を読み終える頃にはライターになるにはまず最初になにをしたらいいのかが完璧に分かっているはずです。

プロのライターとして生計を立てていた私が書いているので信頼性は高いと思います。

5分くらいで読めるのでまずは読んでみてください。

スポンサードリンク

ライターになるにはどうしたらいいのか→方法は3つです

さっそくですが、そもそもライターになるにはどういった方法があるのかご紹介します。

ライターになる為の方法は以下の3つがあります。

クラウドソーシングを使ってライターを始める

まず一番おすすめなのがクラウドソーシングを使ってライターを始める方法です。

クラウドソーシングというのは、インターネット上で仕事を受けたり発注したりできるサービスのことです。

有名なサイトだと「ランサーズ」や「クラウドワークス」などがありますね。

クラウドソーシング上にはたくさんの仕事が存在しています。

そしてその中でも件数が多いのが「ライティング」つまりライターのお仕事です。

以下の画像はランサーズで「ライティング」と調べると出てくる画面です。

こんな感じでたくさんライティングの仕事が募集されています。

今ライターを始めるならクラウドソーシングで仕事を探すのが一番手っ取り早くオススメの方法です。

メディアに営業をかけてライターを始める

もしライターとして書きたいメディアがあるのであればそのメディアに営業をかけて仕事をもらうことでライターになる方法もあります。

ただこの方法は結構ハードルが高いです。

なんの経験もないライターからいきなり営業をかけられてもすぐ採用するメディアは少ないのである程度の実績が必要になってきます。

編集プロダクションなどに入社してライターを始める

編集プロダクションなどの会社に入社してライターを始める方法もありますが、正直この方法はおすすめしません。

なぜかというと、そもそも編集プロダクションに入るのが大変だという理由と編集プロダクションは薄給多忙な業界なので消耗する場合が多いからです。

自分が書きたいことが書けなかったり、そもそも文章を書く以外の雑多な作業が多かったりしてライターとしてやりたい仕事ができない可能性が高いです。

私としてはやはりクラウドソーシングを使っていきなりライターになっちゃうのが一番いいと思います。

クラウドソーシングは今すぐにでも始められるので、まずはサイトに登録して出来そうな仕事から始めてみるのが一番いいでしょう。

ライターになる為に読むべき本

ライターになる為に読むべき本ですが……これは正直ありません。

ライターになった後、必要に応じて知識を補完する為に読むべき本はいくつかあるのですが、ライターになる前から読むべき本はありません。

しいて言うなら私が書いた経験ゼロからライターで月収20万円稼ぐ方法、全部教えますという本が一番皆さんの知りたいことに近いかなと思います。

一からライターを始めてどうやって稼げるライターになればいいのか、そのノウハウが全部書いてあります。

別に宣伝をしたいわけではないのでこれくらいにしておきますが、とりあえずライターを始める時には読むべき本というのはありません。

ライターになってから読んだ方がいいなーという本は以下にまとめましたので、そちらを読んでみてください。

>>【必読】ライターが読むべきおすすめ本3選【これだけでok】

自分がライターに向いているか適性を知りたい方へ

ライターをやってみたいけど、自分には適性があるのかどうか分からないって方も多いと思いますので簡単なテストを用意しました。

以下の二つの質問にお答えいただければと思います。

人に物を教えることが好きですか?

あなたは人に物を教えることが好きですか?

ライターとして一番必要なのは「文章力」ではありません。

ライターに必要なのは「人になにかを伝える力」です。

雑多な情報を分かりやすい形で読者に提供する力がライターには求められます。

つまり、人に物を教えることが好きな方はライターに向いていると言えるでしょう。

孤独な作業が好きですか?

ライターは文章を書いている時は結構孤独です。

私も家にずっと引きこもって文章を書いています。

「みんなと一緒にわいわい仕事をするのが好きなんや!」という方はライターに向いていないかもしれません。

逆に一人でコツコツパソコンに向かって作業ができる人はライターに向いていると言えますね。

どうでしょう。あなたはライターの適性がありそうですか?

「ある!」という方は今すぐライターになっちゃいましょう!

スポンサードリンク

ライターってどれくらいで稼げるようになるの?

ライターになれることは分かった。けどライターって稼げるの?

そんな疑問も当然ありますよね。

まず、ライターは稼げます。

私も未経験の状態からライターを始めて半年で月に20万円稼げるようになりましたし、つい2ヶ月ほど前からライターを始めたのにもう月に10万円とか稼いでいる強者もいます。

月に100万円以上稼いでいるというモンスター級のライターもゴロゴロしていますしね。

じゃあどれくらいの期間があれば稼げるようになるのか?

私が自分でやってみた感覚ですと、半年間くらい本気で頑張れば稼げるようになります。

副業などで頑張る場合は一年間くらい頑張れば収入の目処は立ってくるのかなぁと思います。

専業で今すぐフルコミットできるよという方は半年あれば多分行ける。

もちろんあなたの頑張り次第ですが、いくら頑張ってもまったく稼げないということはありえないですね。

結論:ライターになるにはクラウドソーシングで始めちゃうのが一番

というわけで結論です。

ライターになるにはどうしたらいいか悩んでいる方は、まずはクラウドソーシングに登録してライターをやってみましょう!

これが一番いいです。

今はクラウドソーシングで案件を調べればすぐにライターを始められるという最高の時代なので、悩んでいる暇があったら始めちゃうのが吉です。

クラウドソーシングの始め方については以下の記事で解説しています。

>>【簡単】クラウドソーシングの始め方を一から解説します【初心者OK】

まぁ始めたら始めたで色々躓く場面とかも出てくるとは思いますが、そんな時はこのブログで解決する為の記事書きますので連絡ください!

ライターで稼ぐ為になにをしたらいいかは以下にまとめておきましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。頑張りましょう!

>>【初心者から中級者まで】ライターで稼ぐ方法全まとめ

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。