【解説】ライターがブログで稼ぐ方法【ほぼ確実に稼げます】

どうも、会社やめたろー(@kaishayametarou)です。

ライターをやっているけど、他の方法でも稼ぎたいなぁ……。

とお考えの方向けに記事を書きました。

ライター以外の収入源が欲しいと考えている方は「ブログ」がおすすめです。

ブログはちゃんと稼げる上にライターとは相性抜群ですね。

ブログ歴3年以上の私が「ライターがブログで稼ぐ方法」を徹底解説させていただきます。

やめたろー
5分で読めます
スポンサードリンク

ライターがブログで稼ぐ方法は2パターンある

ライター×ブログは最強のパターンだと思います。

ブログに必須な「ライティング」の能力をすでにライターは持っていますからね。

ライターがブログで稼ぐ方法は大きく分けて2パターンあります。

それぞれ見ていきましょう。

ライターがブログで稼ぐ①:得意ジャンルの記事で稼ぐ

ライターがブログをやる上で最も武器になるのが「ライティング能力」です。

ブログを一から始める方は最初記事が上手く書けなくて苦労したりしますが、その点ライターをやっている方はもともとライティング能力があるのでめちゃくちゃ有利です。

ライターの方がブログで稼ぐ場合は、まず自分の得意ジャンルで記事を量産しまくりましょう。

「得意ジャンル」とは、ライターとして書いている得意ジャンルでもいいですし、自分が趣味でやっていることでもOKです。

そういった「自分が詳しい分野」について、検索する人を意識したキーワードや記事構成を意識しながら記事を書いていきます。

得意ジャンルだったらいくらでも書くことがあると思うので、記事を書きまくってください。

ブログは記事数の蓄積が大事なので、最初はとにかく書きまくるのが大事ですね。

そしてその結果、次第に検索からアクセスが集まるようになり、GoogleAdsenseやアフィリエイトなどで稼げるようになる。

ブログにおける王道の稼ぎ方ですがライターをやっている方は普通の人よりも成果が出やすいですね。

ライターがブログで稼ぐ②:仕事依頼で稼ぐ

そしてブログの活用方法はもう一つあります。

それは「ブログをポートフォリオにして仕事を獲得する」という方法です。

ブログに自分の得意ジャンルについての記事を書いておくと、それがイコールあなたの専門性アピールになります。

検索で上位になるような記事を作れていれば、その記事を読んだクライアントが仕事を発注してくれるかもしれません。

またブログ記事を書くには「文章力」「構成力」なども必要になるので、ブログを読んでもらうだけでそれらの能力があることをアピールすることができます。

その結果、ブログから仕事を獲得することも難しくなくなるわけです。

私も最初はクラウドソーシングで仕事を受注していましたが、最終的には全てブログ経由でいただいた仕事にシフトしました。

直接依頼をもらった方が手数料などもかからないのでお得です。

なお、ブログで仕事をもらう為には「お問い合わせフォーム」を作っておいたり連絡先をきちんと明記しておくことを忘れずに。

連絡先が分からないと仕事を依頼できませんからね。

スポンサードリンク

ライターがブログで稼ぐ方法まとめ

ライターがブログで稼ぐ方法は大きく分けて二つ。

  • 得意ジャンルの記事で稼ぐ
  • 仕事依頼で稼ぐ

得意ジャンルの記事を書いて検索からアクセスを稼ぎAdsenseやアフィリエイトなどで稼ぐ方法、そしてブログから仕事をもらう方法ですね。

ライターとブログって親和性高すぎるので、まだブログをやっていないライターの方はすぐにでも始めてみてください。

ライターで稼ぐ方法は以下にもまとめていますのでぜひ読んでみてください。

関連記事:【初心者から中級者まで】ライターで稼ぐ方法全まとめ

スポンサードリンク
関連コンテンツ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。